トレーダーの給料・年収

20代で年収1,000万円を超える人も

トレーダーやファンドマネージャーなど金融の専門職に対して、高額の年収を得ているというイメージを抱いている人は多いのではないでしょうか。

実際に、一般的な会社員の平均年収と比べるとトレーダーの年収は高いようで、大手証券会社に務めるトレーダーの場合、20代のうちに年収1000万円を超える人もいるようです。

証券業界の平均年収も、毎年650万円〜700万円程度を推移していますから、それなりに恵まれた収入が得られるといえるでしょう。

しかし、トレーダーの多くが会社員である以上、自らのポジションや役職によって給料は変わってきます。成果を出すことによって、インセンティブがもらえる職場もあります。

長年働けば働くほど個々の差が出てきやすく、実力が認められて昇進することによって、大きな収入が期待できる仕事といえます。

余談になりますが、トレーダーは決して派手にお金を使う人ばかりではないようです。むしろ、仕事上お金にシビアになるため、合理的な金銭感覚を持ち、慎ましく暮らす人も多いのだとか。

華やかな生活をしているという世間一般のイメージと、実際にトレーダーとして働く人の姿は、少し違うのかもしれません。

外資系金融のトレーダー

外資系金融企業は、トレーダーにとっても憧れの場となっています。かつての勢いはなくなってきているものの、それでも国内の大手企業の2倍以上は稼げるといわれています。年収1000万円はおろか、30代で年収5000万円以上を稼ぐ人もいます。

「もっと多くの収入を得たい」と独立を考える人もいますが、上を見ればキリはありません。

誰もがうらやむほどの高額収入を得たり、給料の良い外資系金融に就職できるのは、優秀なトレーダーの中でもほんの一握りだけ。

華やかに見える表舞台の裏では「実力主義」の厳しい競争が待ち受けているため、強い精神力を持ち、本当に仕事に熱を注げる人でなければ、この仕事はなかなか務まらないかもしれません。