トレーダーになるための学校、学歴、学部

大学卒業程度の学歴は必須

医師になりたいなら医学部を卒業しなくてはなりませんが、証券会社等に入社し、トレーダーとして活躍するために行かなくてはならない学校というのはとくににありません。

しかし、証券会社等に総合職として入社することが第一の関門で、一般的にトレーダーになるための必要最低限の条件となります。

ですので最低でも大学卒業程度の学歴は必要です。大手証券会社は就活生に人気の企業ですので、難関大学であることが求められることも多いでしょう。

トレーダーに多い学部

採用の段階で、人事部が学生の所属する学部によって選別することも当然に考えられるでしょう。

最初からトレーダー職募集と新卒採用をする日本の証券会社は一般的ではありませんが、全体的に見渡すと経済系専攻や数学系専攻の人がトレーダーには多いようです。

もちろんそれらの学部を出ていないと不可能ということではなく、もともとの学習志向が就職先にも表れるのかもしれません。

採用後は、人事側で新入社員時代の営業成績や適性、コミュニケーション能力などを勘案して、法人営業職のひとつとしてのトレーダー職に配属されるのが一般的です。

もし、あなたがまだ高校生で、将来トレーダーに興味がある、金融マーケットの世界で働いてみたいというのであれば、迷わず経済系または金融工学・数学系の勉強ができる大学に入るべきです。

トレーダーになった後は、経済の知識や数字を分析する仕事を否応がなくてもしなくてはなりません。

膨大な過去データと生きているマーケットを相手に仕事をするのですから、武器となる知識は入社する前からすでに持っているに越したことはありません。

大学の先輩の話を聞く

また、大学のゼミを選択する際も、過去に証券会社の法人営業職やトレーダーなどのOB・OGがいないかどうか調べるのもひとつの手段です。

後輩として彼らの話を聞く機会があれば、大きなチャンスになります。

就職の面接の際も、大学で専門的に勉強したことや現役トレーダーとの交流は大きなアピールとなるでしょう。

また、大学ではなく、大学院卒のトレーダーもなかにはいます。

外資系のトレーダーともなると、アメリカの大学でMBAを取得している人もおり、有利な条件で転職していくパターンもありますが、入社時点ではあまり重要性はありません。