登録販売者のやりがい、魅力

医薬品のスペシャリストとして活躍できる

登録販売者は、一般用医薬品を販売する薬局やドラッグストアなどにおいて、医薬品のスペシャリストとしての活躍が期待される仕事です。

日々、お客さまからのさまざまな相談にのったり、アドバイスをしたりする機会が多いため、確かな知識を身につける必要があります。

仕事に就いてからも学ぶべきことが多いですが、資格を生かして人の健康に関わる責任のある仕事をすることができます。

お客さまと直に接しながら働くため、「ありがとう」と言ってもらえた際には、大きなやりがいと充実感が味わえます。

活躍の場が広がり、需要も拡大中

近年、一般用医薬品を販売する店が増えていくにつれ、登録販売者の活躍の場も広がりを見せています。

コンビニやスーパーといった薬剤師の在籍しない店においては、登録販売者が一般用医薬品の販売責任者になり得るケースもあります。

登録販売者は比較的新しい職業ですが、需要はまだまだ拡大傾向にあり、今後もこの状況はしばらく続くと思われます。

ただの販売職でなく、ときには薬剤師のサポートをしながら身につけた医薬品の専門知識をフルに発揮して活躍できる仕事なだけに、やりがいもひとしおだといえるでしょう。

就職・転職にも有利

有資格者である登録販売者は、何も資格をもたない一般の販売員として就職を希望する場合よりも、優遇される傾向にあります。

ドラッグストアなどへ転職する際にも、登録販売者の資格はアピール材料になります。

また、資格を持っている人は時給が高めに設定されていたり、資格手当として給料にプラスされたり、昇進の機会が得られることもあります。

実務経験を積めば責任者になれることもありますし、知識が増えれば増えるほどお客さまの多様なニーズに応えられるようになります。

向上心を持って日々成長していこうという気持ちがある人であれば、やりがいを感じながら働けることでしょう。