登録販売者のつらいこと、大変なこと、苦労

学ぶこと、覚えることが多い

登録販売者は、お客さまの健康を左右する医薬品を扱うという非常に責任ある仕事を担います。

適当な情報を伝えることは許されませんから、資格を取得してからも日々勉強を続けて、新しい知識をモノにする必要があります。

また、実際に店で働くとなると、置いてある各商品の詳細について理解することが必須となります。

ときには医薬品以外の商品について質問を受けることもありますから、正しく説明できるよう勉強が必要です。

さまざまな商品を取り扱っている大型の店舗では覚えることが多く、最初は少し大変だと思うこともあるかもしれません。自ら積極的に学ぼうとする姿勢が必要とされる仕事です。

チーム一丸となって店づくりをする

登録販売者には「お客さまのために」という意識が不可欠です。

最近ではドラッグストアをはじめ、一般用医薬品を置く店も増えていることから、各店舗は工夫を重ねてお客さま満足度の向上に努めています。

店舗では、登録販売者以外にも薬剤師や一般の販売員、そして正社員はもちろんパート・アルバイトまで、さまざまな人が働いてます。

これらスタッフが一丸となってより良いお店づくりに励む必要があるため、ときには周囲のために自分が我慢したり、思い通りにならないこともあるかもしれません。

それでも、お客さまのために協力して物事をやり遂げたときは、大きな達成感が得られるはずです。

販売員としての能力も求められる

登録販売者は、明るい笑顔やわかりやすい商品説明など、販売員としての能力も求められる仕事です。

人と接することが苦手でなければまず問題はありませんが、店には若い人から年配の人までさまざまなお客さまがいらっしゃるため、相手のニーズを素早く汲み取って、適切な接客をする必要があります。

医薬品のプロフェッショナルとしての専門性を発揮しつつ、接客スキルを磨いていくのは簡単なことではありませんが、努力を重ね、それができるようになれば多くのお客さまから信頼を集められることでしょう。