登録販売者の給料・年収

給料、平均年収

登録販売者は、正社員のほか、パートやアルバイト、契約社員など、さまざまな形で働いています。

給与額は地域や勤務先によって異なりますが、正社員として働く場合の平均年収は300〜400万円程度。パートなど時給制で働く場合には、時給850円〜1100円程度がボリュームゾーンといわれています。

ただし、ボーナスの支給の有無によって、年収には大きな差が出てくると考えられます。

また、同じ店舗で販売員として勤務する場合でも、登録販売者の有資格者であることで給料が若干高めに設定されていたり、1万円前後の資格手当が別途支給されることもあります。

そのほか管理者になることで給料がアップしたり、役職手当が支給されるケースもあります。

特別に高い収入が得られる仕事ではありませんが、登録販売者の需要は高まっているため、今後の状況次第では平均年収も少しずつ上がっていく可能性があります。

より良い給料の店で働くには

登録販売者の活躍の場は、薬局やドラッグストアのほか、コンビニやスーパー、家電量販店など徐々に広がりを見せています。

登録販売者はかなり多くの店舗で募集されており、大手企業が運営する店舗や都市部の店舗で働く場合には、給与水準がより高めに設定されていることが多いようです。

資格手当の支給の有無と支給額は気になるところですが、中には手当分だけ基本給を低く設定している店舗もあるとされるため、注意が必要です。

また、この仕事はアルバイト・パートの募集もそれなりに目立ちますが、実務経験を積むことで転職の際に優遇されることにもつながっていきます。

正社員になれなくても、まずは経験を積む目的で働いてみることも視野に入れてもよいかもしれません。