登録販売者の求人・採用募集状況

登録販売者の需要

一般用医薬品の専門家としての活躍が期待される登録販売者。

近年は薬局やドラッグストアのほか、コンビニや家電量販店といったさまざまな種類の店舗で一般用医薬品が取り扱われるようになり、登録販売者が必要とされる場面は次第に増えているといえるでしょう。

日本において、一般用医薬品を販売できるのは薬剤師と登録販売者のみとなっています。

医薬品は私たちの生活に欠かせないものですから、登録販売者は今後も変わらず求められていく仕事であるといえます。

登録販売者資格を持っていれば一般の販売員よりも業務の幅が広がるため、就・転職も有利になるものと考えられます。

高待遇の下に働くことは難しくもなっている

しかしながら、登録販売者の有資格者が年々増えていくにつれ、採用の事情は少しずつ変化しているようです。

もちろん正社員としての採用もありますが、最近はパートやアルバイトの募集が目立つといわれています。

一般用医薬品を扱う店舗が増えたことなどによって、各企業の競争はより厳しいものとなっています。

そのなかで、少しでも人件費を削減したいと考える流れとなり、これまで薬剤師がすべて担っていた業務を一部登録販売者に置き換える動きが出ています。

薬剤師は国家資格であるため、好条件で採用されるケースが多いです。一方、登録販売者は国家資格ではなく公的な資格となるため、どうしても薬剤師よりは待遇面で劣るケースが見受けられます。

それに加えて、最近は登録販売者の就職希望者が増加していることから、パートやアルバイトでの募集が以前よりも増えつつあるようです。

登録販売者の募集は年間を通じて全国的に比較的多く見られますが、この先、高待遇の職場で働くための競争はより厳しくなっていくかもしれません。