登録販売者の資格

登録販売者の資格とは

登録販売者とは、薬局やドラッグストアなどにおいて、一般用医薬品(第2類・第3類)の販売をする際に必要となる資格です。

かつて、一般用医薬品の販売に従事できるのは国家資格である「薬剤師」のみでしたが、2009年6月に施行された薬事法改正によって登録販売者資格が誕生。

薬剤師のみならず、登録販売者の有資格者も、一般用医薬品(第2類・第3類)に関しては販売ができるようになりました。

なお、第2類・第3類医薬品は一般用医薬品の9割以上を占めています。

登録販売者は、薬剤師と同じく医薬品のプロフェッショナルとして、お客さまに適切な医薬品の知識を提供することが求められます。

一般用医薬品を扱う店舗が増えているなか需要が拡大している資格です。

ただし、登録販売者は薬剤師とは異なり、第1類に分類される医薬品の販売および処方箋に基づく薬の調剤はできません。

薬剤師の仕事

資格を得るためには

登録販売者の資格を得るためには、登録販売者の試験を受験して、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

この試験は年に一回(都道府県によっては二回)、都道府県ごとに行われており、どの場所で受験することも可能です。

試験には年齢制限も学歴制限もなく誰でも受験することが可能となっていますが、合格率は各都道府県で40〜50%程度、それよりも低いところもあります。

専門的な問題が出題されるため、きちんと試験の対策をしていなくては合格は難しいといえるでしょう。

合格後はドラッグストアなどへ就職をして働くことになりますが、都道府県知事の登録を受けても、過去5年の間に通算して2年以上の実務経験がない場合には、2年以上の実務経験をもつ登録販売者の管理・指導の下に仕事をすることなどが求められます。