登録販売者になるには

登録販売者試験を受験する

登録販売者になるには、まず都道府県で行う登録販売者試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

この試験は国家資格ではなく、都道府県が実施する公的な資格です。

平成27年度試験以降においては、学歴や年齢制限なく誰でも受験することができるようになっていますが、試験合格・登録後、実務経験の有無などによって実際に仕事をするうえでの制限があります。

具体的には、店舗で第一種医薬品販売(第2類・第3類)に携わる登録販売者の「過去5年のうちで実務経験が通算して2年に満たない」場合は、その店舗において勤務中の薬剤師あるいは2年以上の実務経験をもつ登録販売者の管理・指導の下に仕事をすることが求められます。

また、2年の実務経験がない登録販売者は、店舗管理者の代行者になることができないほか、この期間中に定められた研修を受講する必要があります。

一方、すでに過去5年のうちに通算して2年以上の実務経験を持っている場合には、試験合格・登録後すぐに一人で第一種医薬品販売(2類・3類)が可能となり、店舗管理者や管理代行者になることも可能です。

登録販売者試験について

登録販売者試験は年に一回(二回のところもあります)、都道府県ごとに行われます。

そのため、試験内容は都道府県によって異なりますが、難易度に差が出ないよう、試験問題は厚生労働省が発表するガイドラインを基に作成されています。

試験内容は、

・医薬品に共通する特性と基本的な知識
・人体の働きと医薬品
・主な医薬品とその作用
・薬事関連法規・制度
・医薬品の適正使用・安全対策

の5科目から出題され、択一式の筆記試験となっています。

試験の詳細は、各都道府県が発表する試験要項を確認してください。

薬局やドラッグストアへ就職する

登録販売者試験に合格し、都道府県の登録を受けてからは、登録販売者を募集する薬局やドラッグストアの採用試験を受験する流れが一般的です。

最近ではコンビニやスーパー、家電量販店などでも一般用医薬品を置く店が増えており、登録販売者の需要が拡大しています。

正社員としての就職だけでなく、パートや契約社員としての募集も多くあります。