登録販売者の1日

登録販売者は、主に薬局やドラッグストア、あるいは一般用医薬品を扱うコンビニやスーパー、家電量販店などで働いています。

「医薬品のプロフェッショナル」として、専門知識を生かしながらお客さまに正しい情報を提供するのみならず、商品の管理や店づくりなどまで、業務内容は多岐にわたります。

ここでは、そんな登録販売者がどのような1日を過ごしているのかについて紹介します。

ドラッグストアで勤務する登録販売者のある1日

09:00 出勤

開店の1時間前には出勤し、制服に着替え身なりを整えます。

09:30 品出し、店内清掃

アルバイトの販売員と協力しながら、店頭に並べる商品をワゴンに積んで出します。

09:50 朝礼

簡単なミーティングを行います。お客さまを元気に迎えるための声出しも実施。

10:00 開店

開店と同時に、お客さまがパラパラと入ってきます。明るい声で「いらっしゃいませ、おはようございます」とあいさつ。

11:00 接客

お客さまから薬の作用について質問を受ける機会は多々あります。わかりやすく、正しい情報をお伝えします。

12:30 休憩

スタッフは交代で昼休みをとります。外に出て、近くの飲食店で食事をとりながらリフレッシュ。

13:30 レジ業務

午後はレジ業務を中心に担当します。

商品の乱れなどは気付いたらすぐ直して、快適に買い物していただけるように努めます。

15:00 商品の補充

不足している商品が出てくるため、在庫を確認し倉庫から出して並べます。

お客さまの様子には常に気を配り、困っている方がいれば声をかけます。

18:30 事務作業

売り場から事務所に引き上げ、当日の業務内容を日誌にまとめます。

遅番スタッフに引継ぐべき内容があれば確実に伝えます

19:00 退勤

店舗は夜22時まで営業しますが、この日は早番なので業務終了となります。

とくに問題がなければ、ほぼ定時で上がれます。