ツアーコンダクターのやりがい

無事に旅行が終わったとき

ツアー客をとりまとめるツアーコンダクターは、いつでも「安全第一」で旅を進めていかなくてはなりません。特に海外ツアーともなれば、日本とは文化も気候も風習も違うところで過ごすことになるため、トラブルがないよう事前に綿密な準備をして、ツアー中も常に気を配る必要があります。

かなりの緊張感が続きますが、何事もなくツアーが終わって帰ってきたときには、大きな安堵感に包まれます。お客さまが旅に満足してくれた様子を見ることが、ツアーコンダクターにとって最高の喜びです。

ツアーコンダクターにとっては、1回1回のツアーが勝負。苦労が大きな分、毎日のように達成感を味わうことができる仕事です。

自分が役に立ったと感じたとき

ツアーコンダクターは、観光情報を提供したり相談相手になったりしながら、お客さまをあの手この手で楽しませます。

自分がお勧めした観光スポットや食事をお客さまが気に入ってくれたら、とてもうれしい気持ちになります。また、直接「楽しかったよ、ありがとう」と感謝される機会が多いため、自分が役に立っている実感が味わいやすいことも、仕事を続けていくうえでの大きなやりがいにつながるでしょう。

自分自身の成長と充実感を味わえたとき

ツアーコンダクターは、多くの人と接する仕事です。ツアーの参加者は基本的に毎回異なりますし、日常生活ではあまり知り合えないような年代や職業の人と出会ったり、旅先では現地の人と会話をする機会もあります。

さまざまな人との触れ合いを続けていくうちに、新たな発見や価値観を得たり、見聞が広まったりもするものです。

仕事を通じて、自分を一回りも二回りも大きくさせていくことができるこの仕事。いくら忙しくて疲れ果てようと、「毎日が充実している!」と前向きに話す人が多いのもうなづけます。