ツアーコンダクターの役割

旅行の指揮をとって、案内をする人

ツアーコンダクターは、英語で書くと「tour(旅)」の「conductor(案内人)」という意味になります。

交通、食事、観光、宿泊などがセットになった「パッケージツアー」のような団体旅行に同行し、ツアー客に旅を案内していくことがツアーコンダクターの役割。旅先での安全を確保することはもちろん、観光情報を提供したりしながら、楽しい旅になるようさまざまなお手伝いを行います。

大勢のツアー客をまとめる立場になるため、リーダーシップを発揮しなくてはなりません。自ら指揮をとって、事前に計画されたスケジュール通りに事が進むよう、段取りよく行動していきます。

仕事内容は多岐に渡る

旅の案内をするためには、事前にさまざまな準備が必要となります。観光地の情報を調べたり、現地のスタッフと連絡を取り合って宿泊などの予約の確認をしたりといったことも、ツアーコンダクターの役割です。

ツアー中には、ツアー客に観光案内をするだけでなく、ホテルのチェックインやチェックアウトの手続き、バスやタクシーといった交通に関する手配をはじめ、もしツアー客に盗難、急病といったトラブルがあった場合の対応もしなくてはなりません。

そして、ツアー終了後に待っているのは、報告書の作成や清算作業です。ツアー中の出来事やトラブルは全て書類にまとめ、会社に報告します。

このような事前準備から後片付けまでをきちんとこなして、ようやく一つのツアーは終わります。

ツアー客に信頼される存在であること

ツアー客はお金を払ってツアーに参加しているため、ツアーコンダクターにさまざまな意見や要望をぶつけてくることもあります。中には、応えるのが難しいことを言われることもあるかもしれません。また、若い人からお年寄りまで、さまざまな職業や価値観を持つ人を相手にするため、苦労を感じることもあるでしょう。

それでも、ツアーコンダクターはいつも親身になって対応し、ツアー客から信頼される存在でいる必要があります。

気苦労は多いですが、無事にツアーが終われば大勢の人から「ありがとう」と直接声をかけてもらうことができたり、仕事を通じていろいろな場所へ行けるなど、魅力もたっぷりとある仕事です。