ツアーコンダクターへの転職

未経験から始める人も多い

ツアーコンダクターは、学生時代からこの仕事を目指し、観光系の専門学校や大学を出ている人がいる一方で、異業種から転職する人も比較的多い職業です。

ツアーコンダクターの主な就職先は旅行会社となりますが、近年は自社でツアーコンダクターを採用する旅行会社が減りつつあるのが実情です。

一方、派遣会社に登録して、ツアーごとに仕事の依頼を受けて働く人の割合が増えているといわれます。

このような流れから、最近ではツアーコンダクター専門の派遣会社が増えています。

こういった派遣会社では、まったく添乗の経験がない人や経験が浅い人であっても、会社独自の研修を受けることで知識を身に付けていくことができますし、添乗業務に必要な「旅程管理主任者」の取得も可能となっています。

まれに自社でツアーコンダクターを採用する旅行会社もありますが、やはり派遣が主流となりつつあります。

とくに業界経験がなかったり、異業種からの転職となる場合、正社員としての採用は厳しいと考えておいたほうがよいでしょう。

求められるスキルは?

旅行会社・派遣会社いずれも「未経験者OK」とする採用募集の場合は、スキルが問われることは多くありません。

ただし、海外添乗を行うにあたっては語学力が必要となるため、特定の語学が堪能であると優遇されることがあります。また、国内外問わず、各土地の文化や歴史などに詳しい場合も有利になります。

ツアーコンダクターは多くの人と接する仕事です。異なる業界であっても、接客やサービス業で勤めた経験がある人は、そこで培ったスキルを生かすことができるでしょう。

とはいえ、ツアーコンダクターは笑顔でお客さまに接するばかりでなく、旅先でお客さまのために走り回ったり、長時間労働をもいとわずに働かなければならないこともあります。

業務に必要なスキルは、研修や実務を通して身に付けていくことができるため、実際には熱意や体力、根性といった面のほうが強く問われているようです。

転職するにあたって、年齢はそこまで関係ありません。ただし、あまり年齢を重ねている場合は「体力面は大丈夫か?」と聞かれる可能性があります。

また、派遣で働く場合は仕事量が時期によってまちまちで、収入も不安定になる可能性があるため、その辺りについてもよく調べたうえで転職を決意したほうがよいでしょう。