ツアーコンダクターの志望動機・面接

「旅行」と「人」が好きな人が大半

ツアーコンダクターの志望動機として最も多いのは、やはり「旅行が好き」というものです。

国内外さまざまな場所へ出かけ、いろいろな人と触れ合ったり、知らない景色を眺めたりすることに喜びを覚えるうちに、旅行業界で働きたい気持ちが高まってきたと話す人が多くいます。

旅行に関する仕事はさまざまありますが、とくにツアーコンダクターの場合は「人を楽しませることが好き」という人が多いです。

自分が旅を楽しむだけでなく、各地の魅力を自分の言葉で伝えたり、自分の気遣いによって人を笑顔にすることに満足できる人が、この仕事を目指しています。

また、添乗業務を通じて多くの土地を訪れることができるため、デスクワークをするよりも、あちこち動き回る仕事がしたいと考える人もいます。

ただし、頭の中だけで想像しているものと、実際の仕事の様子はだいぶ異なる場合も多いです。

とくに、大勢のツアー客をまとめたり、一人ひとりの要望に応えていくツアーコンダクターは、体力も精神力も求められる仕事です。

この仕事に何となく興味があるけれど、実際にツアーコンダクターの仕事を見たことがないという人は、一度パッケージツアーに参加して、ツアーコンダクターとはどういうものなのか、自分の目で確かめてみるのもよいかもしれません。

面接で問われることは?

旅行会社の採用試験や専門の派遣会社に登録する場合は、ほぼ確実に面接が行われます。ツアーコンダクターは対人の仕事ですから、初対面の印象や言葉遣い、身だしなみなどを厳しく見られることは多いです。

未経験から始める人が多いため、スキルや知識よりも「人柄」が重視されるのがこの仕事の特徴です。

たとえば、他人に不快感を与える態度をとったり、自己中心的な考えをしたりする人は、いくら経験があったり学歴が高かったりしても落とされることがあります。

基本的なことですが、まずは明るく、笑顔で、ハキハキと話すことが大切です。

また、「他人を思いやる心」は、日頃の自分の生き方が自然とにじみ出るものです。誰かのためにがんばれる人、身近な人が困っているときに自然と手を差し伸べられるような人であれば、あまり心配する必要はないでしょう。

面接では語学力や海外に関する知識を問われることもありますが、現在のスキル以上に、これからしっかりと勉強する熱意を見せることが大切です。