ツアーコンダクターの求人・採用募集状況

派遣会社に登録する人が増えている

本来、ツアーコンダクターの就職先といえば「旅行会社」が代表的な存在でした。

しかし、近年は旅行業界の競争が激化しており、各社ともコスト削減を目的に、自社で正社員のツアーコンダクターを雇わず、専門の派遣会社に登録済みのツアーコンダクターに仕事を依頼するケースが増えています。

そのため、ツアーコンダクターの現在の活躍の場は、旅行会社から専門の派遣会社へと徐々にシフトしているのが実情です。

派遣社員になると、給与は月給でなくツアーごとに「日当」として支払われたり、正社員と比べると待遇面でも劣る場合があります。

ただし、ツアーコンダクターそのものの需要が大きく減っているというわけではありません。

とくに、文化や言語が異なる海外ツアーにおいては旅に精通したツアーコンダクターの需要が大きく、海外添乗専門のツアーコンダクター派遣会社もあるほどです。

これからツアーコンダクターを目指す人にとっても、チャンスはまだまだあるといえるでしょう。

経験を積んでステップアップする

先に述べたように、旅行会社がツアーコンダクターを募集することは多くありません。

ただし、総合職として旅行会社へ入社し、営業や企画などさまざまな職種を経験する中で、希望や適性が認められれば添乗業務に携われる可能性もゼロではありません。

また、あまり求人数は多くありませんが、各社でアルバイトのツアーコンダクターが募集されるケースもあります。

なお、ツアーコンダクターの派遣会社では未経験者を受け入れるところも増えています。

こういった会社では、登録後に添乗業務に必要な「旅程管理主任者」資格の取得も可能となっているため、一から現場でスキルを身に付けていき、ツアーコンダクターを目指すことも可能です。

実績と経験を積み上げることによって正社員への転職を目指すことや、より良い待遇で働くことも可能になるでしょう。