ツアーコンダクターの1日

ツアーコンダクターの仕事は、さまざまなパッケージツアーや団体旅行に同行し、ツアー客のお世話をしたり、旅先での安全を確保することです。

ツアーによって勤務時間や行き先、また業務内容も変わってきますが、ここでは国内の日帰りツアーに添乗する場合を例に挙げながら、ツアーコンダクターがどのような1日を過ごしているのか紹介します。

「国内日帰りツアー」に添乗するツアーコンダクターのある1日

7:00 出勤

ツアーがトラブルなく進むよう、前日までには旅行会社の担当者と事前の打ち合わせを済ませています。出発当日は集合場所に行き、バスの運転手やガイドに挨拶をしてツアー客を出迎える準備を整えます。

7:30 集合

ツアー客が揃ったら、いよいよ出発です。まずは元気に挨拶から。これから始まる旅が楽しいものになるよう、世間話や観光スポットの話題を提供しながら、場の雰囲気を盛り上げていきます。

10:00 観光地へ到着

最初の目的地に到着しました。その土地で有名な神社に参拝します。ツアー客の質問に答えながら、道を案内していきます。

スケジュール通りに観光を進めていくために、時間は常に気にして行動しなくてはなりません。

12:00 昼食

地元のレストランでの食事です。会場の様子をチェックし、先方の担当者に挨拶。事前に予定していた通りのメニューが出ているかを確認し、ツアー客を丁寧に案内します。

状況が落ち着いたところで、ツアーコンダクターも別の場所で食事をとります。

14:00 観光地へ到着

午後は観光農園での果物狩りを楽しみます。到着したら自由時間となるため、集合時間をしっかりと伝えます。

その後はツアー客の写真を撮ってあげたり、話し相手になったり、一緒にワイワイと楽しむ時間もあります。

15:30 出発

渋滞を避けるようにツアーを組んでいますが、日によっては渋滞に巻き込まれてしまうことも。

ツアー客の様子を気に掛けながら、時に声掛けをして最後まで旅を楽しんでいただきます。

18:00 到着・解散

無事に到着が近付いたら、最後の挨拶をします。初めて会ったお客さまばかりですが、昔からの知り合いのように深い絆が生まれることも。

お客さまの「ありがとう」の一言で、また明日もがんばろうという気持ちになれます。

解散時間が早かった日は、当日中にツアーの清算や報告業務を済ませてしまうこともあります。

海外ツアーの添乗をする時は?

海外ツアーに添乗する際も、基本的には国内ツアーと同様、事前に決められたスケジュール通りにツアー客をサポートしていきます。

海外ツアーには2泊程度のものもあれば、10泊以上という長いものもあります。

飛行機に乗る際の搭乗手続きやホテルのチェックイン・チェックアウトなど、外国語を使って対応しなければならないことも多いため、ツアーコンダクターはそういったサポートも行います。

文化や習慣が違う国で滞在するのは楽しい反面、お客さまの不安も大きくなりがちです。慣れない環境で体調不良を起こす人や、自由時間などに道に迷ってしまう人もいます。

事前に注意事項をしっかりと伝えたうえで、お客さまの様子にはしっかりと注意を払い、お客さまが安心して心から旅を楽しめるようにすることが大切です。