派遣のツアーコンダクター

派遣社員として働く人も多い仕事

ツアーコンダクターの働き方は、大きく分けて「旅行会社に勤める」と「派遣会社に登録する」の2種類に分けることができます。

旅行会社に勤める場合は、一般の会社員のように正社員あるいは契約社員、アルバイトとして働き、自社で企画・実施するツアーの添乗業務に携わることになります。

一方、派遣会社に登録して働く場合は、いわゆるフリーランスの形になります。派遣として働くためには、まず自分のスキルや経験をアピールしたうえで、ツアーコンダクターを派遣する専門の派遣会社に登録。そのうえで、自分の登録条件に合致するツアーがあれば、仕事の依頼を受けて添乗することができます。

派遣の場合、旅行会社の専属ではありませんから、さまざまな旅行会社のツアーに同行することが特徴です。また、経験に応じて仕事が割り振られることが多いため、自分のスキルに応じた仕事がしやすいことはメリットといえるでしょう。

派遣社員の待遇は?

派遣社員は、正社員と比べて待遇が劣るのではないかと考える人もいるでしょう。

派遣社員は基本的に固定給ではなく、勤務日ごとに「日当」という形で給料をもらうことになります。スキルや経験等よってその額は異なりますが、国内添乗の場合は7,000円〜12,000円程度、海外添乗の場合は8,000円〜25,000円程度が相場となっているようです。

ボーナスの支給がほぼないこと、また依頼される仕事量が常に安定しているとは限らないため、月によって収入に差が出てしまうこともあります。

雇用保険、社会保険、健康保険に関しては用意されていないケースが多いものの、中には特定の条件を満たすことで加入できるところもあります。また、独自の福利厚生を充実させ、働きやすい環境づくりに取り組んでいる会社も増えつつあるようです。

派遣からキャリアを積んでスキルアップ

近年は、派遣のツアーコンダクターの需要拡大にともない、ツアーコンダクター専門の派遣会社が増えています。また、以前は即戦力となる人の採用が中心だった派遣会社でも、積極的に未経験者を受け入れて、自社で研修を行うところが出てきています。

このような流れは、これからツアーコンダクターを目指す人にとってはチャンスともいえるでしょう。まずは派遣として添乗経験を積んでスキルアップすることで、正社員を目指すことも不可能ではありません。