ツアーコンダクターの資格(旅程管理主任者)

ツアーコンダクターには資格が必要

ツアーコンダクターとして旅行会社が企画するツアーや団体旅行に同行する場合は、「旅程管理主任者」という資格が必要となります。

旅程管理主任者は、国内旅行のみ添乗できる「国内旅程管理主任者」と、国内に加え海外旅行の添乗も可能な「総合旅程管理主任者」の2種類があります。

いずれの資格も、旅行会社等へ就職する時点で必須とされるものではありません。

ただし、旅程管理主任者資格を持っていない人が一人で添乗業務を行うことは旅行業法で禁止されています。

そのため、ほとんどのツアーコンダクターは旅行会社に就職したり、派遣会社にツアーコンダクターとして登録したのちに、この資格取得を目指すことになります。

なお、似たような資格で「旅行業務取扱管理者」がありますが、こちらは国家資格である「旅行業務取扱管理者試験」にさえ合格すればすぐ資格が取得できるのに対し、「旅程管理主任者」の場合は一定の研修や実務経験が求められることが特徴です。

ツアーコンダクターになるには

「旅程管理主任者」の資格取得方法

旅行管理主任者の資格をとりたいと思った場合は、

1.観光庁長官の登録を受けた機関が実施する旅程管理研修の修了者(合格者)であること。(社団法人 日本添乗サービス協会は、登録機関です)
2.旅行業法で定めた一定の添乗実務を経験していること。

上記の両方を満たしていることが必要です。

「一定の添乗実務」とは、旅程管理研修修了日の前後1年以内に1回以上、または、旅程管理研修修了日から3年以内に2回以上を指します。

また「添乗実務」とはツアーに添乗員として同行するか、ツアーコンダクターの派遣会社あるいは日本添乗サービス協会が実施する研修ツアーに参加した場合などのことをいいます。

よって、基本的には旅行会社等に就職後、資格の取得を目指していくことになります。

資格を取得する手順は(1)〜(5)の通りとなります。

(1)添乗員派遣会社へ登録をする
(2)基礎添乗業務研修(eラーニング)を受講・修了する
※18才以上でパソコンができる環境にあれば、添乗員派遣会社登録前でも受講可。
(3)国内または総合旅程管理研修を受講する
(4)修了者には修了証書が交付される
(5)所定の添乗実務を経験する

旅程管理主任者資格に関する詳細および最新の情報は、下記のリンクからご確認ください。
社団法人 日本添乗サービス協会

資格取得までに少々時間はかかりますが、決められた研修さえきちんと受講すれば、決して難易度の高いものではありません。