土地家屋調査士の現状と将来性

仕事がなくなることはない

土地家屋調査士の仕事ですが、土地を分けたりまとめたり建物を建てたりした際には、不動産の表題登記が義務付けられており、実際に住宅ローンを借りる場合にもこの表題登記がないと借りることができないため、仕事自体がなくなることはないでしょう。

また、国民の権利意識の高まりによって、境界関係の仕事が増えております。

ただし、一昔前の公共工事が盛んだったころや、不動産取引が活発だったころに比べると、仕事量自体は落ち込んでしまっています。

また、そもそも日本の総人口が減少するという事態に直面していますので、今後も土地家屋調査士の仕事が大幅に増える見込みは残念ながらありません。

一昔前は稼げる資格だったが・・・

土地家屋調査士にかぎったわけではないのですが、一昔前の資格を持っているだけで稼げる時代は過ぎました。

独立開業しているある土地家屋調査士の話によれば、一昔前は年収3000万円だったのが今では1000万円程度に落ち込んでしまったそうです。

それでも他の土地家屋調査士に比べれば稼いでいるほうですが、単純に収入が3分の1になるというのはかなり厳しいものがあります。

また、平均年収でいえば400〜600万円と一般的なサラリーマンと変わらないか、場合によってはそれを下回っているというさらに厳しい現状があります。

ただし、これはあくまで「土地家屋調査士のみ」での平均年収ですので、工夫することによりもっと稼ぐことが可能です。また、独立開業した場合にはサラリーマンと違って定年がないので、一概に劣っているとも言えません。

兼業で稼ぐことが必要

ではどうしたら稼げるのでしょうか。一つには、他の資格と兼ねて行うことにより、稼ぐことができます。

特に司法書士や行政書士は、それらの仕事が土地家屋調査士の仕事と一連の流れの中で発生しやすいので、相性が非常によいといえます。ただし、これらの資格と兼務しているところはすでに多数あります。むしろ、兼務していないところの方が少ない印象さえあります。
司法書士の仕事
行政書士の仕事

土地家屋調査士の将来を切りひらくのは簡単ではありませんが、全体が落ち込んでいる中でも稼ぎを伸ばしている方がいるのも事実です。

仕事の正確さ・誠実さにみがきをかけるのは当然、営業努力も怠らなければ、ひどく悲観するほど将来性がないというわけではないでしょう。