土地家屋調査士の給料・年収

年収1000万円以上は本当?

土地家屋調査士の資格スクールや紹介サイトでは「年収1000万円以上可」といったようなものも見られますし、実際に開業している土地家屋調査士のアンケートでもそういった内容のものが多いのも事実ですので、高年収・高給取りかと思われがちですが実際はどうか気になることと思います。

確かに、能力があったりよい顧客を抱え込んでいる土地家屋調査士であれば、1000万円どころか2000〜3000万円稼いでいる人がいるのも事実です。しかしながら、これはあくまで一例であり、ほとんどの土地家屋調査士は1000千万円に届いていないのが現状です。

また、独立開業していても、補助者を使ったり事務所を借りたりした場合の経費を考えますと、売り上げが3000万円あっても経費が2500万円かかってしまえば、本人の年収は500万円ということになります。

このように、世間一般でいわれている高収入情報は、一例程度に受け止めておいたほうがよさそうです。

もっとも多いのは400〜600万円くらい

土地家屋調査士の年収・給料で最も多いのが、400〜600万円くらいです。これは独立開業している場合の経費を除いた土地家屋調査士としての本人年収だったり、サラリーマン土地家屋調査士の給与年収だったりした場合のものです。

あまり多くないと思われがちですが、独立開業している者であれば他業(司法書士や行政書士)と兼務して総合年収を上げることもできます。

また、サラリーマンであってもその資格が強みとなって昇進・昇格しやすかったり就職・転職に有利になるものですので、それらを加味すれば、年収は悪くありません。

誠実な仕事と営業センス次第で大台突破も

土地家屋調査地を目指すのであれば、どちらかというと独立開業を目指す方が多いと思います。そうなると、年収というのは努力次第になってきます。

努力といっても「誠実な仕事」と「営業センス」、これにつきます。これらが他の土地家屋調査士よりも優れていれば、いずれ努力が実を結び、年収1000万円台の大台突破も夢ではありません。

一般にいわれている平均年収と、実際の平均年収には格差があるかもしれませんが、土地家屋調査士は努力次第で報われる可能性の高い独立開業資格であると言えます。