土地家屋調査士の資格

不動産の表題登記を行える独占資格

土地家屋調査士は、不動産登記法に定める不動産の表題登記に関する相談や測量とその申請を、他人から報酬をもらって行うことができる唯一の資格です。

不動産の表題登記とは、不動産がどのような場所にどれくらいあるのかをあらわすものです。

これらは土地家屋調査士法に定められており、いわば不動産の表題登記に関しての独占資格といえます。この資格がなければ、他人から報酬をもらって不動産の表題登記に関する業務を行えません。

つまり、不動産の表題登記を仕事にするには必須の資格になるのです。

筆界特定制度の代理ができる独占資格

土地家屋調査士が独占業務として認められているのが、表題登記のほかに筆界特定制度の代理や申請業務です。

筆界特定制度とは、境界に争いがあったり、はっきり決まっていない境界において、それを特定させる制度です。厳密にいえばこれで境界争いが解消するのではありませんが、筆界特定制度によって特定された境界は、境界争いの裁判においても境界とみなされることがほとんどです。

測量関係資格の最高峰

土地家屋調査士は測量関係資格(測量士・測量士補)の最高峰資格です。

測量士や測量士補をもっている人にとっても、土地家屋調査士となると別格の資格となり、測量業界のみならず、世間一般でも「先生」と呼ばれることが多くなります。

法律家としての側面もある

土地家屋調査士は、測量や不動産の表題登記に関する専門家ですが、法律家としての側面もあります。

というのは、不動産という財産価値の高いものをあつかう上に、境界争いなどに絡む仕事があったりする場合も多く、付随して様々な相談を受けることが多いためです。

そのため、単に決められた仕事をするだけではニーズを満たすことができず、関連する法的な知識が必要になってくるのです。

特に近年は、土地家屋調査士の試験でもそのような傾向が見て取れますので、所轄官庁である法務省も、単なる表題登記などの専門家に止まらずに、法律家としての側面をもつ人材を求めているといえます。