土地家屋調査士の勤務先、活躍の場

土地家屋調査士事務所がもっとも多い

土地家屋調査士の勤務先としてもっとも一般的なのは、土地家屋調査士事務所を自分で独立開業するかたちです。特に、地方で土地家屋調査士を取られる方の大半は、独立開業しているか、あと継ぎとなることがほとんどです。

それ以外で多いのが、土地家屋調査士の事務所に勤務することです。資格取得・登録自体に実務経験が必要ないため、実務経験が必要な資格と違ってわざわざ勤務する必要はないのですが、実務経験がない土地家屋調査士に仕事が来ることはまずありません。

そのため、土地家屋調査士試験に合格後、実務経験をより積むために土地家屋調査士の事務所に勤務することもありますが、修行のために入るようなものなので、給料は期待あまり期待できるものでないことが多いです。

測量会社に勤務する人も多い

測量会社に勤務することも一般的です。測量会社といっても、大きな測量会社はたいてい土地家屋調査士を抱え、土地家屋調査士事務所としての登録もしていますので、内容としては個人の土地家屋調査士事務所に勤務する場合とそう変わりはありません。

ただ、大きな会社の場合には、個人の土地家屋調査士事務所と比べて福利厚生や待遇面で有利なことが多いでしょう。

建設コンサルタントとしても活躍できる

建設コンサルタントとは、国土交通省の建設コンサルタント登録規定にもとづき登録された企業です。

建設技術を中心とした開発・防災・環境保護などに関して、計画・調査・設計業務を中心に、官公庁や民間企業を顧客としてコンサルティングを行う業者や個人をいいます。

この建設コンサルタントは、かなりの専門的知識を要するため、土地家屋調査士のような専門的な業務をおこなう方は重宝されるものです。

土地家屋調査士として経験を積んだ場合には、このように仕事の幅を広げることができるのも、土地家屋調査士の魅力といえます。