アルバイトの鳶職人

求人情報は豊富

鳶職人を志願する人はまずアルバイト情報を調べてみるといいでしょう。

人手不足に悩まされている事業所も少なくないため、比較的スムーズに採用される可能性が高いといえます。

学歴や経験も不問であることがほとんどなので、アルバイトに対する門戸は広い業種であると考えて問題ありません。

ただし、高所作業は18歳以上であることが法律で定められているため、18歳未満の場合は地上での作業に限られます。

安易な応募はNG

鳶職人のアルバイト求人が豊富であることは前述のとおりですが、その結果、安易な応募者も少なくなく、無責任な勤務状況である者が後を絶たない業界でもあります。

鳶職人はたとえアルバイトであっても現場では即戦力として数えられます。

遅刻や無断欠勤など、不真面目な勤務態度で穴を空けることで周囲に大きな迷惑をかけてしまうということを肝に銘じましょう。

また、現場には危険が伴うため、鳶職人は皆、緊張感を持って作業しています。自身が事故の原因にならないためにも十分に体調を整えて現場に向かうことを心がけましょう。

日給は1万円以上の場合が多い

鳶職人のアルバイト料は日給換算であり、1日1万円以上である事業所がほとんどです。

若年者であっても同じように支払われるため、アルバイト料としては高額ともいえます。

ただし、鳶職人の仕事は心身共に大変ハードであり、危険も多いことが加味された日給であることを覚えておきましょう。

正社員登用への道も

はじめはアルバイト採用であっても勤務態度によっては正社員に昇格できる可能性も期待できます。

逆にいきなり正社員として採用する事業所は少ないかもしれません。

というのも、この業界は離職者が多いのも大きな特徴であるため、採用側も正規採用には慎重にならざるをえないという現状があるのです。

だからこそ、ある程度アルバイトとして様子を見てから正社員として迎えたいというのが事業者の本音。

勤務態度でアピールできれば正規採用の道も遠くないはずです。ただし、雇用条件等は各自よく確認しておくようにしましょう。

短期での勤務も歓迎

ダムや橋の建設などの大規模な公共事業の依頼が入った場合、その期間だけの短期募集がかけることもあります。

鳶職人に興味を持っている人は、このような短期アルバイトに応募して自身の適性を確かめるのも良い方法かもしれません。

長期休暇中の学生を受け入れている場合もあるため、若年者も積極的に応募してみるといいでしょう。