鳶職人の一日

鳶職人の一日の流れ

7:30 出勤

建設現場に直接出勤することがほとんど。最低でも朝礼の30分前には到着し、身支度などを済ませましょう。

8:00 朝礼

現場で働く人全員が集まり、一日の作業の流れなどを確認します。

8:15 KY(危険予知)ミーティング

予測される危険を事前に把握し、周知徹底を図ることで安全管理を徹底します。

8:30 ラジオ体操

作業の開始に先駆け、身体を動かすことで自身の体調を確認します。

痛みのある部位があればケアをしてから作業に取りかかれるようにします。

8:45

作業開始

10:00

小休憩(10〜30分程度)

12:00 昼休憩

全員が作業を中断し、一斉にとることがほとんどです。一緒に昼食をとることで現場の結束を深める意味もあります。

食事の後は昼寝をする職人も。

13:00

作業再開

15:00

小休憩(10〜30分程度)

16:30 片付け・終礼

それぞれの持ち場を片付けた後、その日の作業進捗を確認し共有します。続いて翌日の作業打合せに入ります。

17:00

作業終了・退勤

ラジオ体操を侮るなかれ

誰もが幼少期に経験しているラジオ体操。建設現場では重要な役割を担っています。

たとえば雨などの悪天候の影響で普段のように体が動かせない日は、関節の調子が悪かったり、体調の悪いときは途中で息が上がってしまったりと体操ひとつで自身の体調を把握することができるのです。

もちろん、これから始まる肉体労働のウォーミングアップの意味もあります。不真面目な取り組みをしていると監督から激が飛ぶことも。

現場作業はもうすでに始まっているのです。

朝礼と終礼で安全管理

作業前と後に行われる朝礼、終礼では聞き漏らすことの許されない情報で溢れています。

朝礼ではその日の作業内容や立ち入り禁止箇所、安全通路や行事予定などが発表され、ここで点呼も行われます。また、新規で現場に入ってきた人の自己紹介が行われることも。

また、保護具、保護帽、あごひも、安全帯等といった細かい服装のチェックもあるため、整った状態で参加しなければなりません。最後は指差呼称で終わります。

全員が向かい合い、ヘルメットはよいか、あごひもはよいか、服装はよいか、足元はよいか、安全帯はよいかなどお互いを指さしながら声を掛け合って確認します。

そして終礼ではその日一日の進捗を確認し、翌日の打ち合わせをして作業を締めます。

KYミーティングとは

建設現場に欠かせないのがKYミーティングです。

なかなか耳慣れない言葉ですがこれはK(危険)をY(予知)し、起こる可能性のある事故を想定して職人全員が共有し、未然に防ぐことを目的に行われるミーティングのことをいいます。

建設現場において無事故でその日の作業を終えることが一番大切なのです。