セラピストのやりがい

お客さまに喜んでもらえる

セラピストのやりがいは、何といってもお客さまの笑顔です。施術を受けたお客さまが笑顔で帰っていくのを見るのは何にも変えがたい喜びで、セラピストのモチベーションを上げる原動力となります。

また、施術後にお客さまの体調が良くなったという報告や変化していくお客さまの姿を見るのも嬉しいものです。セラピストの施術によってお客さまの抱える問題が改善していく姿は、セラピストにやりがいとモチベーションを与えてくれます。

技術を身につけることで収入が上がる

セラピストはお客さまに施術をすることで、習った知識や技術を自分のものにしていきます。熟練のセラピストになると、心理や健康に対するさまざまな知識を持ち、多角的な方面からお客さまの健康のために施術を行います。

そういったセラピストはお客さまの評判が良く予約も多く入りますから、収入面でも安定しています。独立も可能ですし、雇用されている立場であれば給与アップや歩合率の変更交渉も可能です。

一般的にセラピストは収入が低いといわれますが、熟練の域に達すると給与や待遇面が大幅に改善する場合も多いようです。

独立が可能

確かな技術を身につけたセラピストは、独立開業することが可能です。セラピストの仕事は大きな店舗を構える必要はありませんから、自宅の一室を開放したり、出張セラピストとして活動したりすることができます。

実際、独立開業しているセラピストは多く、そういった人たちは最初は店舗に勤めることで経験を積み、最終的に独立を目指す人が多いそうです。