セラピストの仕事内容

セラピストの仕事の共通点

世間には、アロマセラピストやマッサージ師に代表されるようなボディ系セラピスト、メンタル面のセラピーを行うメンタル系セラピスト、気孔などエネルギーを送るエネルギー系セラピストなど、数多くのセラピストがいます。

これらのセラピストの仕事は、働きかけの方法は異なるものの、主に「心身のバランスを取り体内の不調を整える」「精神面・心理面への働きにより人を癒す」ということです。

相手の立場に立って仕事をする

セラピストの仕事は各々の持つ技術を使い、お客さまに癒しを提供することです。例えばアロマテラピストならアロマオイルによるマッサージを提供しますし、カラーセラピストであれば色による癒しを提供します。

方法は用いる技術によって異なりますが、どのセラピストにも共通するのが、お客さまの話をよく聞き、相手の立場になった上で問題解決のために最も良い処方を見つけることです。

その過程において、技術や技法だけでなくカウンセリングなど心理面の療法を併用するセラピストも多いようです。

働く場所はさまざま

セラピストが働く場所は数多くあります。例をあげると治療院、マッサージ店、エステ系のサロンなどです。特に最近は女性客をターゲットとした店舗が増えてきました。

就業形態は正社員、契約社員、アルバイト、外注契約などさまざまです。人によっては、個人サロンを開く人、スーパー銭湯やホテルなどの嘱託セラピストとして働く人もいます。

待遇は二極化

近年サービス提供会社の増加から待遇面は二極化の一途を辿っていると言われています。業界全体を見ると、セラピストを正社員として雇用する会社は少なく、アルバイト、業務委託契約での雇用が多いようです。

また、大抵は雇用後に技術研修期間があり、この間の給与を通常よりも低く設定している会社、技術研修費を給与天引きする会社などがあります。給与面では基本給+歩合給という会社も多く、こうした会社の場合はサービスした金額や人数、指名の数で給与が変動します。