セラピストの通信講座

通信講座で学ぶメリットとは

セラピストになるために、決められた学校で学んだり、何か特別な資格を取得しなくてはならないということはありません。

知識や技術さえあれば、誰でもセラピストとして活躍できる可能性がありますが、セラピストに必要なスキルを効率よく学ぶために、多くの人は民間の養成学校やスクールに通っています。

しかし、なかには時間やお金の問題などで、通学制の学校に通い続けることが難しい人もいるでしょう。

そんなときに、勉強方法の選択肢のひとつとして考えられるのが、通信講座を利用する方法です。

通信講座では、自宅に送られてくるテキストやDVDなどを使っての学習となるため、自分の好きなペースで、好きな時間に勉強を進めることができます。

決められた時間に通学することが難しい人には、とくに向いている学習方法だといえるでしょう。

通信講座の種類はさまざま

ひとくちに「通信講座」といっても、セラピストの通信講座はさまざまな民間団体が実施しており、ものによってカリキュラムや学習期間、費用などが異なります。

気を付けておきたいのは、通信講座によって、学習後に取得できる資格の種類が異なるという点です。

セラピストに資格は必須ではないものの、せっかく勉強をするのであれば、最終的に資格取得を目指したいと考える人は多いはずです。

セラピーの世界では、さまざまな団体が資格を認定しているため、その内容をよく確認してから通信講座を選ぶことをオススメします。

メリット・デメリット

先にも挙げた通り、通信講座を利用する大きなメリットのひとつは、自分のペースで学習がしやすい点にあるといえるでしょう。

また、勉強にかかる費用は通学制の学校に通う場合よりだいぶ抑えられるケースが多いため、金銭面で余裕がない人でも勉強しやすくなっています。

ただし、デメリットといえる面もあります。

通信講座は、勉強をする時間を自分で自由に決めることができるため、強い意志と計画性をもって勉強しなければ、途中で続かなくなってしまう可能性が高いです。

また、実技についても注意が必要です。

通学制の学校であれば、教室で講師から直接教わることができますが、DVDを使って勉強する場合は理解しにくい場合があるかもしれません。

こうしたメリット・デメリットを踏まえたうえで、通信講座の利用を検討するとよいでしょう。