アルバイトのセラピスト

業務委託で働く人が多い

一般的な職業の雇用形態には、正社員のほか、短時間正社員、契約社員、派遣社員、パートタイム労働のアルバイトなどがあります。

社員ではなくパートタイムでセラピストとして働くことを志望する場合、アルバイトの求人募集ももちろんありますが、実際には雇用契約ではなく「業務委託」の形で契約する会社のほうが多いかもしれません。

業務委託とは、「個人事業主」つまりフリーランスとしての働き方になります。

個人事業主の人は、会社と業務委託契約を結んで仕事をすることになります。

この場合の勤務時間はアルバイトのようにおおむねシフト制ですが、賃金はアルバイトとは異なり、時給制ではなく基本的に「歩合制」になるでしょう。

しかし、会社によって考え方が異なる場合が多いです。

たとえば施術した料金の何割が手元に入るのか、その割合は経験とともに上がるのか、完全歩合制なのか、それとも賃金の最低保証額が設定されているのかなど、契約する前にその内容をきちんと理解しなければなりません。

また、業務委託の場合は個人で確定申告をする必要があります。

アルバイトとしての働き方

将来、セラピストとして独立し開業を目指すのであれば、自分の裁量で動きやすい業務委託という勤務形態は、さまざまな面において勉強になるでしょう。

しかし、それほど深い意味ではなく、単純にアルバイトのひとつとしてセラピストを考えるのであれば、求人募集の件数は少ないかもしれませんが時給制のアルバイトを選択する道もあります。

実際に勤務を開始すればわかることですが、立地や競合店の有無、時間帯、季節など、あらゆる条件によってお客さまの人数や売り上げは変わってきます。

セラピストの時給は高いとはいえないこともあるため、お客さまの多い人気店であれば、同じ時間働いても時給制より歩合制のほうが賃金が多くなることも考えられます。

それでもアルバイトのほうが安定感はありますから、求人情報にたくさん目を通して探してみるのもいいでしょう。

正社員を目指す

学生のうちにアルバイトでセラピストを経験し、卒業後に正社員として就職するという道も考えられます。

店舗によっては、アルバイトとして経験を積むことで認められると、そのまま正社員にステップアップできる制度を設けているところもあるようです。

アルバイトの間は給料が少ないかもしれませんが、セラピストになりたての時期はとくに覚えるべきことがたくさんありますから、学業との両立を考えるとちょうどいいかもしれません。