セラピストの種類

セラピストの種類の考え方

かつてセラピストといえば、大きく分けると、アロマテラピーなどの施術を行う「ボディ系セラピスト」、精神療法や心理療法を行う「精神系セラピスト」、気功や霊気などのエネルギー療法を行う「エネルギー系セラピスト」の3種類がありました。

しかし近年は、セラピストの語源「セラピー」が「治療、療法」という意味を持つことから、昔でいうところの「治療師」や「療法士」も、すべて「セラピスト」と呼ばれる傾向にあります。

一例を挙げますと、「スポーツセラピスト(運動療法士)」「フードセラピスト(食育療法士)」「ハーブセラピスト(薬草療法士)」などです。

ここでは、代表的なセラピストの種類について詳しく見ていきましょう。

ボディ系セラピスト

ボディ系セラピストは、お客さまの身体の状態を整えることで不調を改善し、癒しを提供します。

その方法はさまざまですが、日本ではアロマテラピーやリンパマッサージ、リフレクソロジー、足ツボマッサージなどが人気です。

アロマセラピストの仕事
リフレクソロジストの仕事

なお、日本では医師でなければ医療行為は行えません。これは医師法に「医師でなければ、医業をしてはならない。」と定められているためです。

このため、セラピストの施術は痛みや不調の改善ではなく、癒しを提供することがおもな目的となります。

心理系セラピスト

心理系セラピストは、お客さまの心の問題に焦点を当て、心理的な負担を軽減すると同時に癒しを提供する職業です。

医師ではないため、精神疾患を持つ人への施術は行うことができません。

リラクゼーションや心身の負担軽減を目的としたセラピーという位置づけになります。

日本では「心理カウンセラー」「各種精神療法士」「心理療法士」などの職業がこれに当たります。

なお、臨床心理士に関しては、医師の指導や処方の下であれば、心理療法・精神療法での施術が認められています。

臨床心理士の仕事

エネルギー系セラピスト

エネルギー系セラピストは、現代医学では正式に認められていない「気などのエネルギーを使う療法士」です。手軽に資格を取ることができるため近年人気が出てきています。

しかし一部では人気があるものの、世間的な認知度はまだ低く、人によっては科学的でないことから信頼できないと見る向きもあります。

その他のセラピスト

スポーツセラピスト(運動療法士)

アスリートや、スポーツを楽しむ人たちのために、専門知識を持ってトレーニングや心理面でのアドバイスを行っていきます。

フードセラピスト(食育療法士)

「栄養療法」を取り入れ、予防医学として普段の食生活の改善や、生活習慣病の予防のためのアドバイスを行います。

ハーブセラピスト(薬草療法士)

ハーブの効能・利用法の知識を持ち、ハーブを癒しの立場から世の中に広めていきます。