セラピストの志望動機・例文

志望動機で大切なこと

面接基準は店舗やオーナーによって異なりますが、基本的には「セラピストになりたいという気持ち」「癒し産業の担い手として頑張る気持ち」「ハードワークであっても頑張ってこなす気持ち」を伝えると良いでしょう。

大切なのはキャリアや勉強してきたことではなく、将来的に長く続ける意思があるということ、困難な状況でもくじけずに頑張る気持ちでいるということです。

ハードワークなため離職率も多いセラピストです。長く続ける気持ちがあるということをアピールすることが大切です。

現役セラピストに話を聞いておくと良い

憧れだけでなく本気でセラピストとして頑張りたい気持ちを伝えるためには、現役のセラピストに仕事のつらさや裏話を聞いておくと良いでしょう。そのためには、実際にセラピーを受けにいき、セラピストの生の声をリサーチしておくことがお勧めです。

セラピストの例文

「私はかねてより癒し産業の担い手としてセラピストの仕事に興味を持っており、将来はセラピストの道に進みたいと思っていました。セラピストと言ってもさまざまなジャンルがありますが、私が特に興味を持ったのはボディ系セラピストです。ボディ系セラピストは、自身の手技によってお客様の身体を癒し、同時に心も軽くする素晴らしい仕事だと思います。

ボディ系セラピストの仕事は体力勝負で易しいものではないと聞いていますが、その中でも常に笑顔を絶やさずに店舗に訪れたお客様の癒しの場になるようなセラピストを目指したいと思っています。その点、御社は店舗作りや店舗内の雰囲気が素晴らしく、このような環境下で一人前のセラピストとして働きたいと思い、今回応募しました。」