セラピストの給料・年収

やりがいはあるが給与は低い

人に癒しを与える仕事としてセラピストの仕事はとてもやりがいがありますが、給与や待遇面では他の仕事に比べて良いとは言えません。地域にもよるものの一般的なセラピストの場合は年収200万円台、臨床心理士の場合は年収300万円台の人が多いようです。

いずれも支給額で、税金や諸経費を引くと手取り額はもっと低くなります。中には福利厚生がしっかりとしていない会社もあるようです。

セラピストを正社員として雇う会社はあまり多くなく、大抵は業務委託やアルバイトといった形での雇用になります。また、正社員として雇われる場合も、給与は最低保障額+歩合給となっている場合が多く見られます。

諸経費は自分持ちの場合も

セラピストとして働く場合、給与の他の諸経費はセラピスト持ちという会社も存在します。中には交通費や制服代をセラピストに負担させる会社や、アロマテラピーのオイルや精油まで自分で用意しなければならない会社もあります。

これら諸経費の出費は馬鹿にならず、セラピストの給与を圧迫する原因となる場合があります。

完全歩合制の会社もある

セラピストの仕事は完全歩合制の会社も多く、その場合は料金の30%〜40%がセラピストの取り分となります。完全歩合制の場合、繁盛している店に勤務すると多くの収入を得られますが、閑散店ではほとんど収入がなく1日勤務しても収入がゼロという場合もあります。

また、競合店が多数いるような場所では値下げ競争のあおりをセラピストが受けることが多く、施術量は多いものの受け取る金額が少ないという現象が起きます。

自宅開業する人もいる

最近はある程度の技術を身につけた後、自宅で個人開業をする、フリーランスで働くといったセラピストが増えてきました。また、普段は店舗に勤務していながら、週に数日自宅で開業しているというセラピストも多くいます。

宣伝の仕方にもよりますが、自宅での施術は店舗で働くよりも時間的な束縛がなく、既婚者のセラピストには人気のスタイルです。