セラピストの需要と求人・採用募集状況

職場選びは慎重に

ストレス社会といわれる現代ではセラピストの需要は高く、必要とされる仕事の一つと言ってもよいでしょう。しかし、セラピストには民間の資格しか存在せず、中には未熟な技術の持ち主も多く見られるのが現状です。

また、サービス提供会社が多い地域では価格競争の面からセラピストに過度の労働や低賃金を強いるといった問題も発生しています。セラピストとなるには、勤務する会社の評判を確認してから就職するほうが良いでしょう。

セラピストの求人

一般的にセラピストとして求人があるのは、マッサージや整体などのボディ系セラピストになります。勤務場所はマッサージ店やエステサロン、整体院、接骨院、ホテル、温泉施設などです。

求人への応募は未経験者でも可能な場合が多く、未経験の場合は採用後に必要スキルを研修で学びます。

精神系・メンタル系セラピストの求人

精神系・メンタル系セラピストの募集は一般的にはあまりありません。これらのセラピストは大抵の場合、先生について技術を習得した後で開業、もしくは先生の下で修行をかねて働くといった形が一般的なようです。

この募集状況の違いはボディ系のセラピーが一般的に普及しているのに対して、精神系・メンタル系のセラピーはそれほど一般的ではないということがあげられます。

セラピストの再就職

技術のあるセラピストは即戦力として重宝されます。そのため離職後も再就職しやすい業種だと言えます。しかし、正社員としての募集は非常に少なく、離職した人の多くはアルバイトや業務委託といった形で勤めています。

また、自宅の一部屋を使い、小規模なマッサージサロンを開く人も多いようです。