セラピストの留学

海外留学で学ぶ

セラピストとして日本の学校で技術を学ぶ以外にも、海外に留学して本場の技術を学ぶ方法があります。

現在セラピストが施術している技術の大半は、海外から日本に輸入されたものであり、日本よりも海外のほうが発展していたりする場合があります。

とくにアロマテラピーやリフレクソロジーは本場イギリスでは治療行為として認められている側面もあり、人間の免疫学や人体の成り立ちなど、医学的見解も交えて深く学ぶことができます。

アロマセラピーは1930年代医学の分野においてフランスで生まれたといわれていますが、1980年代にはリラクゼーションを目的としたアロマセラピーがイギリスで発展しました。

アロマテラピーやリフレクソロジーは、3ヵ月〜半年ほど留学することで、本場の技術を学び、イギリスの国内資格が取ることができます。

イギリスの公立カレッジのなかにはイギリス政府公認のアロマセラピストの国際資格を取得できるところがあります。

英国式リフレクソロジーであれば1984年に設立されたAoRというリフレクソロジー専門機関の資格取得を目指してイギリスに留学するのがいいかもしれません。

アロマセラピストの国際資格

アロマセラピストのあいだで日本でも知られる国際資格にはイギリスに本部のある、IFPA、IFA、ITEC、VTCT、C&G、スイスに本部のあるCIDESCOといった団体が認定するものが挙げられます。

2002年に設立されたIFPA(国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟)と1985年に設立されたIFA(国際アロマセラピスト連盟)はともにアロマセラピストの専門資格機関です。

ITEC(アイテック)は1947年に設立されたエステティシャン、セラピストの公的資格機関でアロマセラピー以外にもビューティセラピー、リフレクソロジー、リンパドレナージュ、スポーツセラピーなどの資格を認定しています。

VTCTは1962年に設立された公的資格機関でセラピー以外にも美容、理容、スポーツなどの分野に関わっています。

C&G(City & Guilds)は1878年に設立された歴史のある公的資格機関でセラピストのみならず約400種類もの資格を認定しています。

CIDESCO(シデスコ)は1946年に設立されたエステティシャンの資格機関として美容の分野でよく知られており、スパセラピスト、アロマセラピストの資格もありますが、アロマセラピストの受験資格はエステティシャンの資格保持者にかぎられています。

セラピストの留学先

では実際にどの国に留学するかというとセラピーが盛んであるという理由からイギリスの人気が高いわけですが、さらにワーキングホリデー制度を利用することを考えてオーストラリアやニュージーランドの資格認定校へ留学するという方も多いといえるでしょう。

あるいはロミロミを学ぶためハワイに、タイ古式マッサージを習得するためタイに、美容系のセラピストならアメリカに留学する方もいらっしゃるでしょう。

現地に行くことのメリット

海外留学して現地のマッサージをじかに学ぶことは、マッサージの持つ本来の意味や雰囲気、基本となる考え方、大切な心構えといったものを知ることができる非常に良い機会です。

また、本場で勉強をしてきたということが確かな技術の証となり、他のセラピストにはないセールスポイントになります。

実際のお仕事にどうやって国際資格を活かすのか、たとえば海外で働く、あるいは日本で開業する際に安心感を与えるための肩書きとしてていねいに説明するなど、具体的な将来を見すえたうえで留学を志すことも大切でしょう。

ボディ系セラピスト以外の海外留学

メンタル系、エネルギー系のセラピストも海外留学をして技術を学ぶことができます。メンタル系、エネルギー系のセラピーは日本よりもアメリカやイギリスなど海外のほうが盛んで、中にはアカデミーや研究所を開いているところもあります。

メンタル系、エネルギー系のセラピストの場合は本場で勉強をしたということは何よりもの売りになります。また、日本で学ぶよりも本格的に体系だって技術を学ぶことができるという利点があります。

しかし、ボディ系以外のセラピストは日本では認知度が低く仕事をするには個人開業するしかありません。その点が、ボディ系以外のセラピストを目指す上ではネックとなっています。