セラピストになるには

スクールに通って技術を修得 セラピストになるには、技術を学ぶためにスクールなどに通う方法と勤めてから店舗独自の研修で必要スキルを学ぶ方法があります。どちらでもセラピストになることは可能ですが、スクールに通うほうが幅広い知 … 続きを読む

セラピストになるための学校

ボディ系のセラピストになるための学校 ボディ系のセラピストになるための学校は各種さまざまなものがあります。大半は民間団体が独自に開設しているスクールで、スクールでは施術における技術や知識を学びます。学校に通う期間は週1〜 … 続きを読む

セラピストに向いている人、適性

人と触れ合うのが好きな人 セラピストは人を癒す職業ですが、同時に接客業でもあります。良いセラピストになる人は、お客さまと会話をすることを楽しいと思える人です。お客さまは心身の不調を取るのと同時に癒されたいという目的を持ち … 続きを読む

セラピストの資格

セラピストの資格 セラピストの資格は資格発行団体が定める期間スクールに通い、講義を受講することで発行されます。これらの資格は、民間団体が独自発行しているものが多く、資格を持つことによるメリットはさほどありません。技術習得 … 続きを読む

セラピストの需要と求人・採用募集状況

職場選びは慎重に ストレス社会といわれる現代ではセラピストの需要は高く、必要とされる仕事の一つと言ってもよいでしょう。しかし、セラピストには民間の資格しか存在せず、中には未熟な技術の持ち主も多く見られるのが現状です。 ま … 続きを読む

セラピストの志望動機・例文

志望動機で大切なこと 面接基準は店舗やオーナーによって異なりますが、基本的には「セラピストになりたいという気持ち」「癒し産業の担い手として頑張る気持ち」「ハードワークであっても頑張ってこなす気持ち」を伝えると良いでしょう … 続きを読む

セラピストの面接

憧れではなく実際の職業をイメージする セラピストとして求められることは、店舗や企業のカラーによって異なりますので、一概に「これが正しい」という言い方はできません。しかし、どの場合においても「人を癒す仕事がしたい」「人の笑 … 続きを読む

セラピストへの転職

人気はあるが離職率も高い 人を癒す仕事としてセラピストは人気が高く、他の職業から転職を考える人も多いようです。大抵の場合、セラピストに必要とされるのは学歴ではなく技術ですので、セラピストは他業種からでも転職しやすい職業だ … 続きを読む

セラピストの現状と将来性

ボディ系セラピストの現状 マッサージなどを行うボディ系セラピストは、サービス提供会社の増加により、巷には数多くあふれています。そのため供給過多気味と言ってもよいかもしれません。給与面でも他の職業に比べると安いケースが多い … 続きを読む

セラピストの留学

海外留学で学ぶ セラピストとして日本の学校で技術を学ぶ以外にも、海外に留学して本場の技術を学ぶ方法があります。 現在セラピストが施術している技術の大半は、海外から日本に輸入されたものであり、日本よりも海外のほうが発展して … 続きを読む

独学でセラピストになれる?

難しいのは継続すること 独学で目指すセラピストといえば、養成校に通う必要のある国家資格のリハビリテーションセラピスト(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)以外のボディ系、メンタル系、エネルギー系セラピストということになる … 続きを読む

セラピストの心得

心構えの重要性 セラピストとして働くために身につける必要があるのは知識と技術ですが、もうひとつ大切なのはその心構えにあるといえるでしょう。 心身の癒しを目的とするセラピーはお客さまと直接向き合う接客業です。 お客さまが求 … 続きを読む

セラピストの未経験採用はある?

採用後に研修あり 結論からいうとセラピストの未経験採用はあります。 ただし採用後すぐに勤務が開始されるかといえばそうではなく、とくにボディ系セラピストであればおよそ1、2ヶ月間の研修を受け、その会社の認定する資格を取って … 続きを読む

セラピストになるまでの費用

リハビリテーションセラピストの場合 セラピストになるためにかかる費用は1万円程度から数百万円まで、状況や目指すセラピストによって異なるといえるでしょう。 国家資格のリハビリテーションセラピスト(理学療法士、作業療法士、言 … 続きを読む

セラピストが勉強すること

基本は解剖生理学 国家資格のリハビリテーションセラピスト(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)から民間資格のボディ系、メンタル系、エネルギー系セラピストまで、その豊富な種類ごとに身につけるべき知識や技術は異なってくるでし … 続きを読む

男性のセラピスト

男性セラピストの現状 男性セラピストは女性セラピストに比べると人数は少ないので、そのぶんお客さまから重宝されるといった利点があるでしょう。 ただしセラピスト業界全体としてはボディ系、メンタル系、エネルギー系ともにそれぞれ … 続きを読む

アルバイトのセラピスト

業務委託の場合 一般的な職業の雇用形態には正社員、短時間正社員、契約社員、派遣社員、パートタイム労働のアルバイトなどがあります。 社員ではなくパートタイムでセラピストとして働きたいと志望する場合、アルバイトの求人募集もも … 続きを読む

副業・兼業のセラピスト

副業の可能性 学生ではなく社会人になってからの職業としてセラピストについて考えた場合、正社員として就職するのもひとつの方法です。 たださまざまな事情から副業でセラピストとして働く方もたくさんいらっしゃいます。 本業が別に … 続きを読む