セラピストの魅力

お客さまから感謝される

セラピストの魅力は人の心に触れ、癒しを提供できる仕事であるということです。セラピストの仕事は簡単なものではありませんが、真摯に向き合うことで人から感謝される仕事ができるようになります。

セラピストの施術によって本来の自分を取り戻したお客さまを見ることは、セラピストにとって何よりも喜びとなるでしょう。

自分自身を癒すことができる

セラピストは癒しの技術を習得する過程において、自身の内側にあるトラウマや問題点に触れ、自分自身を癒していきます。

例えばマッサージなどのボディ系セラピストであれば、まずは自身が健康になるところから始めますし、心理系・精神系セラピストであれば心の奥底にある問題、トラウマなどと向き合います。

この作業を経て、セラピストは癒しの技術や技法をより深く理解すると共に、自分自身も心身ともに健康体へとなっていきます。

人間関係がよくなる

セラピストは人との関わり方の基本を根本的に勉強できるので人間関係の改善、向上といったことが期待できます。今まで人間関係に苦手意識を持っていた人が、セラピストとして勉強する過程で人間関係のトラウマを克服し、社交的になったというのはよくある話です。

セラピストとして仕事をする際には大抵の場合、傾聴スキル(人の話を聞くスキル)を身につけることになります。このスキルは普段の生活でも非常に役立ち、子育てや家族との関係、周囲の人間関係などさまざまな場面で、相手の気持ちを汲み取る技として使うことができます。

独立も可能

確かな技術や知識を身につけたセラピストは、その気になれば独立することが可能です。セラピストの仕事は開業時に大掛かりな設備が不要なため、小規模であれば自宅の一部屋を開放する形でも始められます。そのためセラピストは主婦にも人気の仕事です。