セラピストの未経験採用はある?

採用後の研修が一般的

セラピストは未経験者でも採用されることがあります。

ただし、採用後すぐに第一線で勤務できるかというわけでもなく、とくにボディ系セラピストであればおよそ1~2ヵ月間の社内研修を受け、その会社の認定する資格を取ってから現場に出るという流れが一般的となっているようです。

研修は会社ごとに独自のカリキュラムが組まれているものですから、他の店舗や会社でセラピストとしての経験がある場合でも、その会社の方針やオリジナルの手技を身につけるために、一通りの研修の受講が求められることもあります。

研修の日々はハードになりがち

社内研修では、スクールに通えば最低2~3ヵ月程度かかる内容を、短期集中で習得することになります。

勤務を前提にほとんどの場合無料で受講できるのはうれしいポイントですが、相当な努力が必要です。

なお、研修期間中は収入がない場合がほとんどです。

また、教材費や資格受験料、ユニフォーム代に関しては、合わせて1万円程度の実費がかかることも考えられます。

研修の心得

先に挙げた通り、セラピストとして未経験からの採用はありますが、研修をしっかり受け、決められた期間内に仕事ができる基準に達するための努力が必要になります。

研修の厳しさに挫折したり、どんなに頑張っても社内の基準を満たせなかったりすれば、残念ながら勤務開始には至りません。

指導してくれる方は会社の上司であり先輩ですから、研修中も仕事の一環として真面目に取り組むことが重要です。

他に研修を受ける仲間がいるのであれば、同期の同僚としてともに働くことができるように、お互い助け合って成長していきましょう。

勤務しながら学びの連続

研修を終え、セラピストとして認められ、晴れて勤務が始まっても安心はできません。

本来であれば、最低でも2~3ヵ月かけて身につけるような知識や技術ですから、働きながらもさまざまなことを学び続ける必要があるのです。

5年、10年と経験があるセラピストでも、お客さまに満足していただくための努力は日々惜しまないといわれています。

また、努力をしたからといって必ずしもお客さまが喜んでくださるとも限りません。

そんな奥深い癒しの世界をセラピスト自身が楽しむことができるかどうかが、この仕事を長く続ける秘訣になるでしょう。