セラピストの面接

憧れではなく実際の職業をイメージする

セラピストとして求められることは、店舗や企業のカラーによって異なりますので、一概に「これが正しい」という言い方はできません。しかし、どの場合においても「人を癒す仕事がしたい」「人の笑顔が見たい」というのは最も基本的な動機です。

また、「セラピストとしてこういう人間になりたい」「癒し産業にこういう風に関わっていきたい」というように、将来的な目標を伝えるのも良いでしょう。

いずれにしろ、「セラピスト」という職業を憧れで捕らえるのではなく、どんな苦労があってどんな魅力があるのか、自分の中でしっかりと噛み砕いておくことが大切です。

志望動機の例文

私はかねてより癒し産業の担い手であるセラピストに憧れており、いつかは自分も人を癒す職業につきたいと思っておりました。そこで在学時に癒しの仕事についてさまざまな角度から調べ、お客さまとの触れ合い多いボディセラピストを選びました。選んだ理由は、ボディセラピーの仕事はお客様と直接触れ合う中で、心と体両方の癒しを届けることができる仕事であると思ったからです。

セラピストは見た目以上に忍耐がいる仕事だと聞いています。私自身未熟であり、何も分かってはおりませんが、御社に採用されましたら、さまざまな知識や技術を吸収していきたいと思っています。将来的に、訪れたお客さまが笑顔になるような施術のできるセラピストを目指し、御社にて技術を学びたいと思い、就職を希望いたしました。

志望動機で大切なこと

大切なことは、自分がどんなセラピストを目指しているのか、今後どういうことをしていきたいのかを伝えることです。また、目標のために見えない努力をする覚悟、憧れではなく本気で癒し産業に関わりたいと思っていることを伝えるのも良いでしょう。

セラピストは他人に癒しを提供する存在ですが、続けていくには自分にストイックであることが大切です。技術向上のために勉強し続ける気持ちでいること、体調管理も仕事の1つということで自己管理をしっかりする心構えでいることなども、伝えると良いポイントです。