セラピストの1日

一日の流れ

セラピストの一日は就業する店舗や勤務形態によって異なります。多くの場合、セラピストは施術をするだけでなく、店舗運営の改善、備品の発注、集客、金銭管理なども担当します。そのため一人で何役もこなす必要があり、繁盛時は目が回るほどの忙しさだと言われています。

<早番の例>
8:30 出勤/店舗OPEN準備(掃除・備品チェック・準備)
9:00 店舗OPEN
9:00〜16:00 施術・雑務 (間でお昼休憩)
16:30 勤務終了

<遅番の例>
13:00 出勤
13:00〜21:00 施術・雑務 (間で休憩)
21:30 後片付け/勤務終了

施術の合間に

通常セラピストの働く店舗は少人数で運営されることが多く、雑務の大半はセラピストの仕事となります。セラピストは施術の秋時間に、機材や備品の状態チェック、発注、タオル類の洗濯、掃除などを行います。

また、店舗によってはキャンペーンなどの企画立案や集客もセラピストが行います。

勤務終了時間が遅い店もある

サービス提供会社が増えて競争が激化したことにより、店舗によっては遅くまでOPENしているお店も増えました。こうした店舗に勤めるセラピストは勤務終了時間が22時以降になることも珍しくありません。

また、勤務後にスキルアップのための練習を行うことも多く、熱心なセラピストを抱える店舗では拘束時間が長くなる店もあります。

個人経営のセラピストの場合

個人経営のセラピストの場合、多くは完全予約制で施術を行います。時間はまちまちですが、10時〜20時の間に予約を取ることが多いようです。個人経営のセラピストの場合は、予約時間以外は自由時間ですので一日を通して縛られることはあまりありません。

中には他の仕事と掛け持ちで活動する人、自宅で空き時間に施術を行う人などもいます。