セラピストの独立、開業

開業前に必要なこと

セラピストとして独立し、開業したいと考えたとき、実際のオープンまでに必要なことは何でしょうか。

もちろん、いきなりセラピストの看板を掲げて自宅をサロンにすることもできます。

しかし、現実的に考えた場合、独立できるだけのセラピストとしての実力と経験、開業に向けての準備が不可欠です。

まずはスクールに通うなり、研修を受けるなどして技術を身につけると同時に、民間の資格を取得するといいでしょう。

独立、開業の相談またはサポートをしてくれるスクールや会社もあります。

そうしたものを利用して情報収集や人脈づくりに役立てましょう。

サロン勤務で経験を積む

勉強をして、資格を取得すればそれなりの知識は身につくかもしれません。

しかし、できればどこかのサロンに所属して、実際にセラピストとして働いて経験を積んでから独立したほうがよいでしょう。

なお、この世界では最初は正社員ではなく、業務委託契約で働くスタイルが一般的なようです。

いずれにしても、働きながらどんなサロンにしたいのか具体的にイメージしておくとよいでしょう。

自身が開業して提供したいメニューに必要な技術を、現場でさらに学んでおくことも大切です。

開業にあたって必要なこと

ここからは具体的な開業準備、経営のお話です。

まずはサロンをどこに構えるかを考えます。お客さまがいらっしゃることで成り立つお仕事ですから、立地条件は重要です。

家賃などの負担が少ない順に、「既存のサロンに間借りする」「フランチャイズのオーナーになる」「自宅をサロンにする」「店舗物件を借りる」といった方法があります。

資金は余裕があるに越したことはありません。

まずは既存のサロンに間借りしながら、業務委託という雇用形態で働き、独立準備をするといった段階を踏む人もいます。

サロン運営に必要なこと

いざ開業の際には、什器、備品、内装、経理、宣伝、人材などさまざまな案件を具体化していきます。

サロンの運営は決して自分一人の力でどうにかなるものではありませんから、それまでに培った人脈を生かして一つひとつ取り組みましょう。

ようやく開業になると重要なのが集客能力です。

お客さまがいらっしゃるかどうか、満足していただけるかどうか、リピートしてくださるかどうか、これらを考え続けるのがサロン運営です。

立地条件はいまひとつでも人気のサロンもあれば、ライバルサロンが多いなかで忙しいセラピストもいます。

居心地のいいサロンやスタッフの心遣いがあたたかいサロンなど、その個性はさまざまです。

ともあれお客さまの心身を癒すスペースを提供するお仕事ですから、セラピスト自身が笑顔でいられるサロンを目指すのが成功への道といえるかもしれません。