男性のセラピスト

男性セラピストの現状

男性セラピストは女性セラピストに比べると人数は少ないので、そのぶんお客さまから重宝されるといった利点があるでしょう。

ただしセラピスト業界全体としてはボディ系、メンタル系、エネルギー系ともにそれぞれ充実期に達し、どちらかといえば供給過多の傾向にあります。

しかし現代のストレス社会において今後も需要が絶えないと思われる注目の職種です。

技術や知識習得の努力はもちろんのこと、コミュニケーション能力、企画力、マネジメント能力などを発揮して、常にさらなる向上を目指せるかどうかが長く続けるポイントになります。

男性セラピストの心得

民間医療や代替医療と呼ばれる医療類似行為には、柔道整復師や鍼灸マッサージ師といった国家資格が必要ですが、リラクゼーションを目的としたセラピストに資格は必要ありません。

とはいえ、どんな種類のセラピストになるにしてもしっかりとした技術や知識がなければお客さまからの信頼を得ることはできませんし、お仕事として成立しません。

そのためセラピストの実力を示す証として民間の資格が多数存在します。

セラピストの種類下記のようなものがあります。

ボディ系

・リラクゼーションセラピスト
・アロマセラピスト

メンタル系

・心理セラピスト
・ヒプノセラピスト

エネルギー系

・気功セラピスト
・ヨガセラピスト

スクールや研修において集団のなかで技術をみがきながら資格取得を目指すのが一般的かと思われますが、とくに女性の場合、趣味や習いごとのひとつと考える参加者も少なくありません。

仕事に生かすのであれば、講習そのものを楽しむことを目的とするのではなく、あくまでもお仕事の一環であるという強い意志が求められます。

と同時に、お客さまにしてもスタッフにしても基本的に女性の多い業界なので、女性に対する心配りができるに越したことはありません。

本業か副業か

ボディ系のタイ古式マッサージやリンパドレナージュ、リフレクソロジーなどは男性施術者のほうが力の強い場合が多いため、特定の女性客がリピーターになりやすいといえるでしょう。

ところがスクールに通ったり研修を受けたりして技術を身につけ、いざ勤務を開始しても最初はお給料が安いかもしれません。

いきなり社員として就職するより、業務委託、いわゆるフリーの契約をするセラピストのほうが一般的だからです。

経験を積んで人気のセラピストになるか、独立、開業を目指すか、他のお仕事とのコラボレーションを企画するか、将来の展望を予め考えておくことも重要です。