セラピストになるために勉強すること

セラピストになるために勉強することはたくさんありますが、その内容は大きく「理論」と「実技」に分けることができます。

ここでは、セラピストに必要な勉強内容について見ていきましょう。

理論

セラピストになるために、必ず学ばなくてはならないのが「人体」に関する内容です。

「解剖生理学」といわれる分野になりますが、人体の骨格や筋肉、内分泌系、神経系など人の身体のしくみを学ぶことは、身体に深くかかわっていくセラピストにとっては必須です。

これをベースに、栄養学、化粧品学といった理論を学ぶこともあります。

そして、アロマテラピーやリンパドレナージュといった、セラピストの代表的な施術についての理論を学んでいきます。

セラピストといっても、人によって得意分野や専門分野はさまざまです。

もしアロマセラピストになりたいのであればアロマのより詳しい知識が必要になりますし、ハーブ、色の持つ力、あるいは自然療法など、目指すセラピストの姿に応じて、それに関連する理論をより専門的に学ぶことになるでしょう。

実技

セラピストの施術は「手技」によるものも多く、その代表例がボディやフェイシャルのマッサージです。

マッサージといっても、プロとして本当に心地よいものを提供するには、骨格を理解して筋肉の状態を見極める力、リンパの流れなど、さまざまな知識が必要になります。

そうした知識を身につけたうえで、実際によいマッサージを実践できるスキルを磨いていきます。

また、アロマやストーンなど、施術に使う用具の準備の仕方や使用方法、無理なく手技を続けるための姿勢などについても学んでおくことが重要です。

ホスピタリティの勉強も忘れずに

セラピストとしての知識や技術を身につけても、それで完璧ではありません。

セラピストは人々に「癒し」を提供する存在であり、高いホスピタリティ精神が問われる仕事です。

お客さまへの気配りや快適な空間づくり、接客マナー、会話術などを学び、「どうすればお客さまが気分よく過ごしていただけるか」「心身ともにリラックスしていただけるか」といったことを勉強し続ける必要があります。

ホスピタリティについては、テキストを使った勉強だけではなく、経験を通じて学ぶこともたくさんあるはずです。

よりレベルの高いセラピストになるために、自分で考えて、行動していくことが大切です。