鉄道会社社員のやりがい、魅力

公共性の高い仕事に就ける

鉄道は、昔から輸送インフラのひとつとして、人々の暮らしを大きく支え続けています。

通勤・通学・買い物など、鉄道はさまざまな目的で利用されており、非常に公共性の高いものであるといえるでしょう。

そのような仕事に第一線で携われるのが、鉄道会社の社員です。

「世の中を便利にする」「社会を支える」そのような誇りと責任を感じながら、前向きに仕事に取り組んでいくことができるのは、鉄道会社で働くやりがいであるといえるでしょう。

お客さまの笑顔に触れられる

鉄道会社社員の多くが、「現業職」といわれる駅員や乗務員としての仕事に携わっています。

そこでは、お客さまとコミュニケーションをとる機会も多くあります。困っているお客さまを助けたり、よいサービスを提供することができたときは相手から「ありがとう」と言っていただくことができ、本当にうれしい気持ちになるでしょう。

もちろん、良いことばかりではありません。ときにはお叱りの言葉を受けることもありますが、お客さまの様子をダイレクトに感じることができるのは、仕事をするうえでのモチベーションになります。

幅広い仕事に携わることができる

昨今の鉄道会社では、ただ鉄道を安全に動かすというだけではなく、街づくりそのもの、つまり「沿線の活性化」に取り組むべく他の事業も展開するところが増えています。

たとえば、商業施設の運営、不動産ビジネス、介護施設や保育施設の運営などが挙げられますが、JRなど大手鉄道会社のみならず私鉄やローカルの鉄道会社でも、各社がさまざまな戦略を立てて多様なビジネスを動かしています。

とくに本社勤務の場合には、こうした多様なビジネスに挑戦できる可能性もあり、さまざまな仕事を通じて自らを成長させるチャンスを掴むことができます。

鉄道会社は比較的規模が大きな会社も多く、その人の目標や志向に応じて多様な活躍のフィールドがあることは、鉄道会社で働く魅力だといえるでしょう。