鉄道会社社員の種類

日本には大小多くの鉄道会社がありますが、ここでは、その種類をいくつかの内容にまとめてみます。

JRグループ

日本国有鉄道(国鉄)が1987年に民営化して発足したのがJRグループです。

JRグループは、以下の7社に分かれています(カッコ内は通称)。

・北海道旅客鉄道(JR北海道)
・東日本旅客鉄道(JR東日本)
・東海旅客鉄道(JR東海)
・西日本旅客鉄道(JR西日本)
・四国旅客鉄道(JR四国)
・九州旅客鉄道(JR九州)
・日本貨物鉄道(JR貨物)

上記の経営はそれぞれ独立しており事業展開などは企業ごとに異なりますが、相互乗り入れなど、乗客の利便性を追求するために各社の協力・連携体制は強いものとなっています。

私鉄

国有の鉄道や地方公共団体によるものではなく、民間企業が運営する鉄道事業者のことを通称「私鉄」と呼びます。

各社が特色ある事業やサービスを打ち出し、沿線の街づくりにも積極的に乗り出す企業が増えています。

大手私鉄のうち代表的なものは以下の通りです。

・東武鉄道
・京成電鉄
・西武鉄道
・京王電鉄
・小田急電鉄
・東京急行電鉄(東急)
・京浜急行電鉄(京急)
・東京地下鉄(東京メトロ)
・相模鉄道(相鉄)
・名古屋鉄道(名鉄)
・近畿日本鉄道(近鉄)
・西日本鉄道(西鉄)

公営交通

地方公共団体が運営する鉄道のことを「公営交通」と呼びます。

公営という名の通り、より地域や地元住民の生活を便利にするための事業展開がなされている特徴があります。

公営交通のうち代表的なものは以下の通りです。

・東京都交通局
・名古屋市交通局
・大阪市交通局
・福岡市交通局

第三セクター

一般的に、国や地方公共団体と、民間事業者との共同出資で設立された鉄道会社のことを「第三セクター」と呼びます(民間の非営利団体のことを示すケースもあります)。

第三セクターのうち代表的なものは以下の通りです。

・三陸鉄道
・北越急行
・わたらせ渓谷鐵道
・長良川鉄道
・土佐くろしお鉄道