鉄道会社社員に特有の職種

鉄道会社は、いくつもの部門から成り立っており、各部門において多様な職種の人がそれぞれ役割をもって連携して働いています。

ここでは、そんな鉄道会社の仕事のうち、鉄道会社ならではといえる職種について紹介します。

整備系職種

整備の仕事を専門にする、いわゆる「技術職」にあたる仕事に就く人たちは、鉄道会社にとって欠かせない存在です。

具体的な仕事内容は、鉄道会社の命ともいえる車両の保守・点検・管理のほか、信号通信設備など鉄道を安全に走らせるうえで欠かせない各設備の監視や指令業務、さらには線路や土木構造物についての点検・検査・保守などを行います。

「電気・施設・車両」といった鉄道固有の各専門領域における技術を持っているのが、整備系の職種に就いている人たちです。

現業職

鉄道会社に所属し、駅などで駅員、車掌、運転士として活躍する人たちは、一般的に「現業職」と呼ばれています。

現業職の仕事は、お客さまが安心して、快適に自社の鉄道を利用いただけるように、駅や乗り換えについての案内や、安全かつ正確な運転を行うことです。

大勢の人の命を預かる立場としての責任感が求められますが、それと同時に満足いただけるサービスをお客さまに提供し、自社のファンになってもらうサービス業としての一面も持ち合わせているといえます。

電車運転士の仕事
車掌の仕事

運行管理

鉄道の安全輸送を確保するために、列車の運行状況をリアルタイムで確認する仕事です。

何かトラブルやダイヤ乱れなどが発生した場合に関係各駅や各列車に指令を出し、よその鉄道会社とも連携を図ります。

輸送計画

鉄道とは切っても切り離せない「ダイヤ」の策定を専門的に行う仕事です。

効率的かつ正確なダイヤを考えるには、車両性能や地上設備をはじめ、あらゆる角度から検討に検討を重ねる必要があります。

より良いダイヤを作り出し、お客さまに安全に、便利に、快適に自社の鉄道を利用していただけるように努めます。