鉄道会社社員の志望動機・面接

志望動機のポイント

鉄道会社の志望動機を考える際に気を付けるべきことは、鉄道会社の使命についてよく理解したうえで、自分がやりたいことを明確にアピールすることだといえるでしょう。

鉄道は、バスや飛行機などと同じく「公共機関」としての役割を持っており、いかなる場合でも安全・安心かつ快適にお客さまを目的地へと輸送しなくてはなりません。

実際には、「電車が好きだから」「運転士の姿に憧れたから」といった気持ちが鉄道業界の仕事を目指すきっかけになっている人も多いかもしれません。

しかし、鉄道会社の仕事は強い責任感が問われるものであるため、そこで働くことの重みについて自分なりによく考え、腹に落としておくことはとても大切だといえるでしょう。

また、志望動機は総合職に就きたいのか、それとも運転士や車掌といった現業職に就きたいのかによっても若干変わってくるものと考えられます。

現業職であれば、お客さまとの接点がとても多くなりますし、総合職であれば鉄道業界全体を見渡して会社にどのように貢献していきたいのかといった観点が求められます。

その点も踏まえて、なぜ鉄道会社で働きたいのかについて考えていくとよいでしょう。

面接で気を付けるべきこと

鉄道会社の面接では、特別に難しいことを聞かれることはないでしょう。

ただし、JR各社など大手鉄道会社には大勢の志望者が集まるため、面接で印象に残らなければ簡単に不合格となってしまう可能性もあります。対策はきちんとしておくべきでしょう。

鉄道会社の面接でよく問われる質問には、以下のようなものがあります。

・他社の鉄道会社ではなく、当社で働きたいと思った理由
・入社後にどんな仕事をしたいのか
・当社のイメージは?
・不規則な勤務形態だが大丈夫か(現業職の場合)
・人と接することは好きか
・これまでの経験をどう仕事に生かしていこうと思うか
・自分の特技、長所・短所は何か

鉄道会社を志望する人は、たいていの場合、複数の鉄道会社を併願しています。

しかし、その鉄道会社ならではの魅力や特色を理解しておき、志望動機の中や面接でアピールできるようにしておくと、より面接官の印象にも残りやすいでしょう。

そうした意味でも、企業研究をきちんとしておくことは必須といえます。