鉄道会社社員に必要な資格、スキル

就職時に資格は必要なし

鉄道会社社員になるにあたって、就職時に必要とされる資格はとくにありません。

マネジメントや事務などを行う総合職の場合も、駅員や車掌になる現業職の場合も、求人の応募条件に特定の資格が書かれていることはめったになく、基本的には一般常識や仕事に対する適性のほか、人柄や熱意などを重視した採用が行われています。

したがって、これから鉄道会社への就職を目指す人が、現時点で何か資格を取っておかなければならないことはなく、採用時に特別有利になる資格もほとんどないといわれています。

ただし、公益財団法人日本ケアフィット共育機構の「サービス介助士」を取得していたり、日本赤十字社の「救急法救急員養成講習」を受けていたリすると、お客さまと接する際に役立つかもしれません。

このような資格をはじめ、もし業務上で必要な資格が出てきた場合には、入社後に会社で研修を受けて取得を目指せることがほとんどです。

鉄道会社社員に求められるスキルは?

鉄道会社では、資格と同様、入社時点で高いスキルが求められることはほとんどありません。

ただし、鉄道は大勢の人の命を運ぶものであるため、安全に対する強い意識と、責任感や使命感が求められます。

また、鉄道は秒単位という細かな時間でダイヤが決められており、それに従って運行しなくてはなりません。

したがって、時間管理がきちんとできること、決められたルールを守れること、といった点も鉄道会社で働くうえでは重視されます。

鉄道会社ではさまざまな個性を持った人が働いていますが、チームワークを大事にして、誠実かつ真面目に物事に取り組むこと。

スキルというよりは、そのような心構えや資質が求められる仕事だといえるでしょう。

お客さまと直接コミュニケーションをとる機会が多い現業職の場合には、サービス精神やおもてなしの心も必要とされます。

また、外国人の方とスムーズに会話をするために、語学力はあって困ることはありません。