テニス選手に必要なこと

世界のトップ選手になるには運動能力の高さが必要

テニス選手として、世界の高いレベルで戦おうと思えば、前提として、運動能力の高さが必要です。

高速サーブやショットに対応し、コート内を動き回って相手が打ち返せないようなショットを打とうと思えば、運動能力が高さは欠かせません。

世界のトップ選手はラケットの使い方も絶妙

しかし、運動能力が高いだけでも、テニスそのものが上達しにくいものです。テニスは、ラケットという道具を使うスポーツでだからです。

運動能力が高い人は、テニスを始めると、確かに上達が早いです。しかし、ラケットの使い方をおろそかにすると、いずれ、どこかで壁にぶつかります。

「もっと基礎をしっかり学んでおくのだった」と後悔することが少なくありません。

世界のトッププロになるような人は、もともと、運動能力が高く、かつ、ラケットの使い方も上手だった人です。また、運動能力が高くて、指導者に恵まれ、ラケットの使い方をしっかり仕込まれた人です。

世界のトッププロになろうと思えば、運動能力の高いことに加え、ラケットの基礎的な使い方が身についていることが必要です。

運動能力の高くない人は、高くするトレーニングをすればよい

では、運動能力が高くない人は、世界のトップ選手になれないのかといえば、そんなことはありません。運動能力を高めるトレーニングを取り入れることで

運動能力は、瞬発力や柔軟性、反応力、平衡感覚、リズム感などいろんな角度から測定できます。測定すれば、自分の長所と短所がすぐにわかります。

長所を伸ばし、弱点を補うトレーニングを毎日続けることで、運動能力そのものを高めていくことは可能です。

また、全身の筋肉を柔らかくすることでも、運動能力は劇的にアップします。全身の筋肉を柔らかくするトレーニングを取り入れ、毎日続けることが、テニス選手としてのレベルアップにつながります。

筋肉を柔らかくするトレーニングというと、なんだか難しそうですが、だれでも赤ちゃんや幼児の時、筋肉は柔らかいです。その時の筋肉を取り戻せばいいわけですから、実は誰にでもできることなのです。