テニス選手になるための学校、専門学校、スクール

3グループに分けられる

「テニス選手になるための学校」は、大きく分けて3つのグループに分けられます。

1つは、テニス部の強い中学、高校、大学。2つめはテニスコースをもつ専門学校。そして、3つめは、学校の放課後や休日に通う町のテニススクールです。

最近の強豪高校と大学

最近のテニス部の強い中学、高校としては、男子が柳川(福岡)、湘南工科大付(神奈川)、相生学院(兵庫)、早稲田実業、東海大菅生(東京)、四日市工(三重)、長尾谷(大阪)、東山(京都)などがあります。

女子は、園田学園(兵庫)、富士見丘中学・高校(東京)、長尾谷(大阪)、仁愛女子(福井)、秀明八千代(千葉)、名経大高蔵(愛知)、京都外大西(京都)などです。

大学の男子では、早稲田、慶応、日本大、法政大、筑波大、近畿大など、女子では早稲田、慶応、関西、園田女子、亜細亜大、専修大、山梨学院大、相愛大などとなっています。

テニスコースをもつ専門学校

最近は、テニスコースをもつスポーツ系の専門学校も増えています。

プレーヤーとして技術的な上達を目指しながら、高度な戦術やトレーニング法から、メンタル、フィジカルの強化法まで幅広く学ぶことができます。

専門学校生を対象とした大会も、全国各地で開催されており、日頃の練習の成果を試すこともできます。また、学校によっては、元プロ選手が講師として指導しているところもあるようです。

専門学校によっては、「テニスコース」という専攻はなくても、クラブ活動としてのテニスが盛んなところもあります。

根強い人気がある町のテニススクール

町のテニススクールも、各地に存在しています。

近年のテニス人気の低迷で、全国的にみるとテニススクールの数自体は減っていますが、プロ選手を目指す小学生からシニアまで通えるテニススクールは、いまも根強い人気があります。

日本プロテニス協会は、認定プロコーチが指導することと、万が一のケガなどに備えたテニス保険に加入していることを条件に、「オフィシャルスクール」として認定しているところもあります。

町のテニススクールには、さまざまな学校があります。入部前に体験レッスンを受けたり、すでに習っている人に、指導の様子を聞くなど、納得したうえで入会手続きをとることです。