タクシー運転手への転職、未経験採用

転職はしやすい仕事

世の中にはさまざまな職業がありますが、タクシー運転手の場合、比較的転職しやすい部類に入るといえるでしょう。

その大きな理由としては、まず学歴や年齢制限が緩いことが挙げられます。

学歴は不問であることがほとんどであり、年齢に関しては20代〜60代まで採用を行っている会社が多いため、ある程度の年齢になってから転職をしたいと考えている人にとってもチャンスは十分にあります。

また、未経験者を歓迎するタクシー会社も数多くあります。

ほとんどの会社では、入社時点では自家用車を運転する際に必要とされる「普通自動車第一種免許」さえ持っていればOKで、タクシーの運転に必要な「普通自動車第二種運転免許」は入社後に会社負担で取得することができます。

もちろん、すでに第二種免許を持っている人や、運転手の経験がある人は優遇されることもありますが、まったくの未経験者でも転職はそこまで難しくないといえるでしょう。

転職を考える際の注意点

とはいえ、タクシー運転手の生活は独特なものとなり、それなりに向き不向きもある仕事です。

ほとんどのタクシー会社では「隔日勤務」を採用しているため、1日の勤務時間は最大で21時間程度になります。

また、1日の大半を狭い車内の中で過ごすために腰痛や運動不足になりがちであったり、乗務中は緊張感を保ちながらお客さまと近い距離で働くため、人によっては多大なストレスを感じるかもしれません。

タクシー運転手は、健康でありさえすれば70代や80代になっても働けますし、基本的に歩合制であるため、がんばればがんばっただけ稼げるという魅力ある仕事です。

それでも、いいことばかりではなく、毎月決まった給料がもらえる一般的な会社員と比べると、どうしても不安定さがある点は否めません。そのようなリスクもよく考えたうえで転職を考えましょう。