タクシー運転手のつらいこと、大変なこと、苦労

1回の勤務時間が長い

タクシー運転手の勤務体系は少し独特です。1日の勤務時間が15時間〜20時間程度とかなり長く、出勤日と休日を交互に繰り返す「隔勤」と呼ばれる働き方をするのが主流となっています。

もちろん、途中には休憩時間も入りますし、常にお客さまを乗せているわけでもありませんが、慣れないうちはこの働き方が大変だと思うこともあるかもしれません。

また、基本的にタクシー運転手は歩合制で働きます。

限られた時間内に、お客さまをどれだけ乗せることができるかによって収入が変わってくるため、なかなかお客さまが見つからない日はプレッシャーを感じることもあるでしょう。

地理に詳しくなければならない

タクシー運転手である以上、その地域の交通事情には詳しくなければなりません。

東京など大都市を走る場合は、複雑に入り組んでいる道や標識も多く、大変苦労します。また、主要な建物や目印となる建造物なども知っておく必要があります。

最近はカーナビを積んでいるタクシーが増えていますが、お客さまは多かれ少なかれ「運転手は道に詳しくて当然」と思っているので、新人のうちは緊張の連続です。

仕事を続けるうちにどんどん道には詳しくなっていきますが、自ら積極的に覚えようとする努力が必要とされます。

アクシデントに見舞われる可能性も

タクシー運転手は、さまざまなお客さまをタクシーに乗せて走ります。

こちらがきちんと対応しようとすれば、ほとんどのお客さまとは何事もなくやりとりでっきますが、なかには泥酔して怒鳴り散らしたり、「とにかく速く走らないとお金を払わない」など、何かと因縁をつけてきたりする人もいます。

それだけならまだしも、まれに悪意のある乗客がタクシー運転手に対し、刃物を突き付けて脅迫してくるような事件も起こっているようです。

タクシー運転手をしている限り、こうしたアクシデントに見舞われる可能性はゼロではありません。

しかしながら、最近では安全に営業できるよう、タクシーの車内にドライブレコーダーを装着するなどの対策をとって、万が一の自体に備えるタクシー会社が増えてきているようです。