タクシー運転手の志望動機、面接

なぜ「タクシー」がよいのか

運転手という仕事に就いているのは、決してタクシーを運転する人だけではありません。たとえば、大きなバスや長距離トラックの運転手として第一線で活躍する人もいます。

タクシー運転手を目指す人の多くは「運転することが楽しい」「車が好き」という気持ちを持っていることでしょうが、そのなかで「なぜタクシーがよいのか」という点について、まずは考えるとよいでしょう。

タクシーの運転手は、若い人からお年寄りまで日々さまざまなお客さまと接します。

まさに、一期一会の仕事だといえますが、どのようなお客さまも安全に目的地まで送り届けるためには、運転技術や地理の知識はもちろんのこと、サービススキルも磨いていかなければなりません。

また、タクシー運転手はタクシー会社の「顔」にもなります。もし、運転手がお客さまにとって不快な対応をしてしまえば、それだけでお客さまの会社に対する評判はガタ落ちになってしまうかもしれません。

「車や運転が好き」という気持ちはもちろんあってよいことですが、お客さまのために誠実に仕事に向き合う姿勢をアピールすることが必要になるでしょう。

面接で重視されること

タクシー運転手を募集するタクシー会社は多くありますが、誰でも必ず採用されるわけではありません。

サービス業ともいえるタクシー運転手の仕事は、運転手一人ひとりの人間性が問われます。そのため、身だしなみや言葉遣い、礼儀正しさなどまでしっかりとしている人が好まれます。

そのほか、面接では免許取得状況の確認のほか、車による事故や違反歴、健康状態についての確認が行われることが多いようです。

転職者の場合は、前職での仕事内容と転職を志した理由なども聞かれることがあります。

タクシー運転手として必要なスキルは、入社後の研修などで学ぶことができます。

面接ではとにかく熱意を示すことが重要だといえるため、他の職業を目指す場合と同様、志望動機についてはしっかりと話せるように準備しておきましょう。